記事一覧

信じよう 子どもの目

2019-11-13 10:51

傾けよう 耳

2019年度 つくね家育児マナー標語 努力賞

こんにちは、小ゴジラこと2歳息子の母つくねです。
前回書いたときはまだ1歳だった息子。いつの間にか2歳になりました。
声はますます大きくなり、体の動きもダイナミックに、そして興味関心もどんどん男の子らしくなってきました。

最近はもっぱら車! のりもの!
大好きですねー。

ミニカーはもちろん、のりものの本にも夢中夢中!
紙面いっぱいに並んだ乗り物の写真を指差して
「きーきーしゃ!(救急車)」「かじ!(消防車)」「ぜっとぅ!(フェアレディーZ)」「コプチャ!(ヘリコプター)」
と、とーっっても元気な声で教えてくれます。

 

そんな息子お気に入りの雑誌から一枚。

これ。
パトカーです。

この写真を見て息子がなんと言うかというと

 

「きーきーしゃ!(救急車)」

 

んんん~? 息子ちゃん、これはパト・・・

 

ん? あれ?

な! 救急車! いる!!

救急車好きすぎるだろう! と笑いつつも、観察眼の鋭さ(というのか?)にとっても感心しました。
子どもの目ってすごいな、と。
大人の目ってあてにならないな、と(笑)。

なので息子の言うことは基本否定しないことにしています。
何も見えないし聞こえない(ように感じる)雲ひとつない青空を指差して、
「コプチャ! コプチャ!」
と言うときは少し待ってみます。
すると数秒後にちゃんと、ヘリコプターが姿を現すのです。
息子には微かな「ぶーん」という音がちゃんと聞こえているんですね。

独自の分析ですが、いろんな知識を蓄え経験を経て、感覚が経年劣化している大人は、目や耳から入る情報にバイアスがかかっているのかなーなんて。
まだ2年しか使っていない視覚聴覚の精度といったらすごいものです。

以前、某テレビ番組の某モ〇タ〇ングでやっていた「食品サンプルの中に一つだけある本物を当てよう」という一般人向け企画を見たときにも同じようなことを思いました。
子どもが「A! ぜったいにA!」というのに対し、
「えー? ママは違うと思うなー。C!」と母親。
結果は不正解。
正解は、Aでした。

 

子どもの言うことを、大人が「違う」と頭ごなしに否定してしまうと、「本当なのに・・・」と、地味にトラウマとして残りそうな気もします。
すっごい些細なことなのに大人になってもずっとトゲのように抜けない記憶ってありませんか?

「大人が正しい」という感覚を無意識に持ってしまいがちですが、自分の物差しで測らずに、大人の発想にはない予想外の子どもの言動をたくさん楽しんでいきたいと思う今日この頃です。

大切な3時間

2019-11-08 15:53

こんにちは。友近です。
鬼編集長にブログ更新をせかされたものの(軽い鬼レベルですのでご安心を)、特にネタもなく、ゆる〜い内容にて失礼いたします。

友近、再び働き始めて半年が経ちます。チビ子の感染症洗礼も落ち着き、「最近は保育園呼び出しが少なくなりましたねー」と、超絶理解ある上司に言われた今日この頃です。
ふと振り返ると、それなりに大変ではありましたが、刺激的な毎日です。帰宅後に旦那と話す内容も、「あの芸能人が誰と付き合っている」のようなワイドショー的な内容から「先端教育について」に変わり、家族3人で酌み交わすノンアルコールビールも味わい深くなりました。
さて、今回は帰宅直後から寝るまでの怒涛の3時間の記録をお届けいたします。(←個人的にやれよ! の声が……笑)


19時 帰宅
脱いだ靴を揃え、その中に靴下を丁寧に入れる。(保育園様さま)「おうち、ちゅいたら、手ってあーらーうー。」の宣言は何処へ?? メルちゃんに帰宅の挨拶へ向かう。
私「ママ、手って洗っていー子ねー」と、自分の頭を撫でながら、チラ見するが、無視。
「あっ!見て!大変!これ何ーんだ?」の意味不明な演技に引き寄せられて、ようやく洗面台へ来るちび子。
踏み台へ乗せて、ゴーシゴシ♪の歌を2人で歌う。
仕事の服から着替える間は、ストッキングが気持ちよいのか、お尻を撫でまわして笑顔である。

19:10 夕ご飯準備
週末に食材は切って袋に入れてあるので、炒めたり煮たりするだけ。極力まな板を洗いたくないので、手で野菜をちぎるという荒業。(ズボラ具合がバレましたね……恥)
昨夜はトイ○ラスで買った、段ボールのくまさんハウスでメルちゃんやらアンパンマン達を連れてごそごそ動いているのを横目に、豚汁(全ての栄養とれるので、ヘビロテ)に火をつけて、煮物をチンして、キャベツ、人参、生姜、きのこの入った袋をフライパンに投入。お肉も投入。蓋して蒸し焼き! なんちゃって生姜焼きの完成。
が、その時! くまちゃんハウスから声が! 「ママ〜、う○ち出た〜」(何故今? 何故ここで? は、あるあるですよね)

19:30 2人で夜ご飯
椅子に座ったチビ子は「とりあえず枝豆」を鞘から器用に取り出して食べ始め、場をつないでいる。まるでサラリーマンのようである。少し冷ましておいた豚汁やおかずを並べ、ノンアルコールビールと牛乳で「パンカーイ!」を3度強要。(早く飲ませてくれ。)食事は楽しいものであってほしいので、保育園ノートを見ながら、「今日は公園で砂遊びしたのね」とか、「今日はお昼寝たくさんしたのね、かっこいー!」など、褒めたり楽しい話題であったりするようにしている。
最近は何でも「じぶんでやーるーのー」なので、スプーンに大好きなキノコを手で乗せて食べ始め、嫌いなお肉はテーブルに並べられる。私、その肉も食す。(だから痩せないのか、合点!)
ちなみに、垂れた汁などは丁寧に手で伸ばして無かったことにしてくれる。その手を拭くこと十数回。すぐにテーブルは「万能お尻拭きの山」と化す。

20:00 食後
「ママ、メルちゃんで遊びましょっかぁ」(来たぞ! 無限メルちゃんごっこのお誘い。)
ママはお洗濯たたんでいるから、と濁す。
すかさず、「あーそんでー!」と嘘泣き始めるぞという顔で迫ってくる。
仕方なく裏声でメルちゃん役を演じ切る。
最近のちび子は風邪気味の演技にハマっているようで、何度も腕に注射されるメルちゃん。
いつも移動は髪の毛鷲掴みにされるメルちゃん。
どんな時も洋服脱がされているメルちゃん。
心からありがとうと言いたい。
この時間くらいがちび子とゆったりと向き合える時間なので、極力スキンシップを心がけ、一緒に遊んで笑い合う。

20:30 お風呂
バスボムの中身が見えるまでのわずかな時間に自分の頭を洗う。
モンスターズインクの緑の目玉のようなキャラクターばかりが出て、ちび子も「めだま、でたー!」と、「人生は思うようには行かない」ということを学ぶ。

パパ帰宅。
浴室の扉越しに、今晩のおかずを確認する声が聞こえてくる。
温めて食べているようだ。
体を拭き終えて走り出すちび子をパパが追いかけ、オムツ装着。
「ジャパマくーだーしゃい」と、お気に入りの消防車のパジャマを選んでくる。
女子力高めであるのか、お洋服には拘りが強い。肌寒くなってもアンパンマンの半袖パジャマは根強い人気のようである。

21:30 最後の難所 歯磨き「ハーミー」
食後ソファーで寛ぐパパを横目に、私は寝る準備を始める。
歯磨き、ドライヤー、明日の保育園用意、オムツに名前書き。
すると、パパがいそいそと皿を洗い出す(皿洗いはパパ担当です)。
そこそこ育メンのパパであるが、ちび子の歯磨きだけはやりたくないよう。
どんなに忙しく私が動いていても、ハーミーさせないでテレビを見ている日には正直イライラ。
この時間帯は、より効率良く時短で仕事をこなし、ちび子に早く寝床についてもらうのが目的なので、部屋の一往復だけでマルチタスクをこなす。
最後のパワーを使って歯磨きハーミーの始まり。
歯磨きを隠しながらちび子に近寄り、逃げ暴れる手を足で押さえて、お口をあーん。
電動歯ブラシの如く、素早く、しかし丁寧に磨きあげる。
先日、息を止めて集中している自分に気付き、少し笑けてきたりして。

22:00 おやすみなさい
世間ではもっと早めに寝かせているだろう。
色々なご意見があると思うけれど、全てのバランスを取った結果であって、それはそれで良しとすることにしている。
ベッドに入って、ひそひそ小声で「今日さ〜、保育園でリトミックしたのー?」小声で「うん。」と答えるチビ子。「楽しかったー?」「うん、○ちゃんと、●ちゃんと、したのー。」
いっぱいハグして、チューして、嫌がられて、の繰り返しをして寝たふりをしていると、チビ子もすやすや眠りに。
幼子の寝顔を見ながら、皆さんは毎晩何を思うだろうか?
「感情のまま怒ってごめんね」
「早くお迎え行けなくてごめんね」
「今日も幸せだなあ」
「世界で一番大好きだよ。」
沢山の言葉をチビ子に投げかけ、「愛おしいという気持ち」を再認識する瞬間。

「18歳で子育ては終わり!」としている我が家にとって、残された時間はあと16年。早い、早すぎる。もっとこの大変な愛おしい時間をじっくり味わいたいものである。


以上、どうでもよい内容で、失礼しました。

エデュテックスクールのハロウィンパーティ

2019-10-31 13:03

こんにちは。EduTechSchoolの「やまこ」です。
今日はハロウィンですね。今年のハロウィンは晴れとの天気予報。仮装を楽しむ人たちで賑わいそうな渋谷では、路上飲酒が禁止されたことがニュースになっていましたね。皆さまはどのようなハロウィンをお過ごしでしょうか?

さて、やまこの職場、EduTechSchoolでも、先日10月27日(日)に一足早いハロウィンパーティーを行いました。
今回の働くママのブログでは、その午後の部の様子をレポートしたいと思います。

事前のチラシで「仮装大歓迎!」と案内していたので、女の子たちは気合を入れて可愛い仮装で来てくれました。やまこも、自分の娘の小学生時代を思い出して幸せな気持ちに。

気合が入った仮装で来てくれたの女の子たち。

ハロウィンパーティ! ということで、この日のエデュテックスクールの教室はハロウィンらしく飾りつけました。
買い出しに行ったり、風船を膨らませたり、切ったり貼ったり…準備は、大変でしたが、子どもたちのワクワクする顔を想像すると楽しかったです。

教室のあちらこちらにカボチャが飾ってあったのですが、実はここには楽しいゲームが仕掛けてありました。
2人一組のチームに分かれて、まずは「カボチャ探しゲーム」。
カボチャの裏には点数が書いてあります。
カボチャの得点の合計点が高いチームが勝利!
シンプルなルールですが、子どもたちは真剣! 点数を見ては歓声を上げていました。

いつもは違うクラス・曜日でプログラミングをやっている子どもたちですが、ここですっかり打ちとけました。

楽しい雰囲気になってきたところで、今度は本番のプログラミングです。
この日は、小さなプログラミングロボットozobot(オゾボット)*を使ったプログラミングに挑戦!
オリジナルのコースを作って動かしてみる体験をしました。
うまくいったらお菓子がもらえます。

* ozobot:紙やスマートフォン、タブレット上に描かれた線に沿って動く教育ロボット。

色とりどりのカラフルなコースができました。

光りながら進むozobot、可愛くてカッコいい!

この日の2人一組のチームは、あえて初対面の子同士で組んだのですが、「本当に初対面だったかしら?」とこちらがこっそり確認するくらい、みんな和気あいあいです。

初対面の子とも協力し合って、スタートとゴールをどこにするか、ロボットの道順をチェックしながら相談中。エデュテックスクールではコミュニケーション能力も育みます。


ラグビーW杯、日本代表のベスト8入りを祝して?! 無事ゴールできたのでしょうか?

いろいろなアイデアや工夫も飛び出し、1時間半のパーティはあっという間に終わってしまいました。
「え〜!! もっとやりたかった!」などと嬉しい感想を伝えてくれる子どもたちもいました。
ぜひ、今度は無料体験授業にもご参加いただきたいものです。

午後の部の参加者と講師で記念撮影!(ご協力いただいた方のみ)

こんなふうに、自分の子育ての経験がそのまま仕事にも活かせる楽しい環境で、お仕事をさせていただいています。

週末はいつもプール

2019-10-29 12:21

こんにちは。投稿2回目のライ太です。
小学生の娘(ライ子)と保育園に通う息子(ライ太郎)がいます。

今回は習い事をテーマに、スイミングスクール選びの顛末記をお届けします。

小学生になり、水泳を習いたいと言い出したライ子。近所にはスイミングスクールがいくつかあるので、最初に徒歩で通えるAスイミングスクールに電話しました。希望の曜日と時間帯を伝えると、キャンセル待ちだとつれないお言葉。どのくらい待つのか尋ねてみたところ、電話に出たスタッフは迷いなく答えました。

「2年です」

いま何て?
聞き返した私に、
「平日と土曜のレッスンをご希望されていますが、土曜のクラスは本当ーーーに空きが出ないんです。共働きの親御さんのほとんどが希望される一方で、退会者は少ないので」と追い打ちをかけます。

習い事は子どもがやる気になったタイミングで。
そんな甘い考えは吹き飛びました。
焦ってほかのスクールに連絡するも、どこも長期間のキャンセル待ち。仕方なく家から離れた施設にも問い合わせることになりました。

調べるにつれ、各スイミングスクールの特徴が見えてきました。
送迎バスがあったりなかったり。あったとしても曜日毎に走行ルートが異なっていて、バスを利用したい人はルート優先でレッスンを申し込まないといけないところもありました。ほかには、週2回以上通うと大幅にお得になるとか、体操教室やダンス教室とセットで申し込めるとか、水着やプールバッグだけでなくアームリング(腕に装着する浮き輪)まで個人で購入しなければならないとか。

キャンセル待ちの期間が飛び抜けて長かったAスイミングスクールは、庶民に寄り添う料金設定や、駅とバス停が近く通いやすい立地など、好条件が揃っていました。申込者が多いのも頷けます。

::::::::::::::::::

【小学1・2年生の習い事】

・通っていない…17%
・水泳…14%
・ピアノ…11%
・英会話…8%

【小学生の習い事(全学年)】

・通っていない…17%
・水泳…13%
・ピアノ…9%
・学習塾…9%

2019年エデュママアンケート記事より

::::::::::::::::

入会の目途が立たない中、Bスイミングスクールから「2・3か月後なら入会可能」との返答が。
あまりの喜びに思わず拳を突き上げます。しかし、入会できればどこでもいいわけではありません。

なぜ早く入会できるのか。それにはちゃんと理由がありました。
Bスイミングスクールは駅から距離があり、送迎バスはなく、坂の上にありました。
我が家から遠いので、ライ子は一人で通えません。親が送り迎えをするならば通えるレッスンは土日のみ。申し込んだが最後、週末の自由が奪われるのです。

【親】面倒くさい、休みたい < 【ライ子】泳ぎたい

結局、我が子のため電動自転車で坂を上る決心をしました。しかし、Aスイミングスクールに通うことだって諦めません。キャンセル待ちをしながらBに通うことになったのです。

Aスイミングスクールに再び電話すると、
「申し込みから入会まで時間がかかるので、みなさん100%の確率で申請した曜日と時間を忘れるんですね。ですから、どこかに書き留めておいてください」とのアドバイスがありました。

ブログの執筆にあたり当時のメモを見返したところ、水曜:120人待ち、土曜:214人待ちの走り書きが。214人のキャンセル待ちって。

ライ子はBスイミングスクールへ入会。
同じ小学校に通う児童はいないものの、同学年や歳の近い女子が多く、すぐに打ち解けられました。レッスン後のロビーはおしゃべりサロンに早変わり。お菓子交換から始まるものだから、すぐに終わるわけがない。送迎係の親は耐えて待ちます。デパートで、ママのショッピングが終わるのをひたすら待つパパの気分てこんな感じかな、とか考えます。

レッスンでは厳しくも優しい先生にめぐり逢い、信頼関係を築きながら泳力を上げていきました。

そのときがやってきたのは、蹴伸びしかできなかったライ子がいくつかの泳法をマスターした頃でした。
そう、Aスイミングスクールから入会連絡が入ったのです。

Aならライ子が1人で通える! 平日にレッスンを受けられる!
娘に吉報を伝えると、

「やだ」

即答でした。
理由は「今の友達と離れたくないから」。

何事も思い通りにはいかないものです。
ライ子が楽しんで通っていることは理解していたし、新しい友人ができる環境は貴重だと感じたので、まあいいかと受け入れました。
遅れて通い始めたライ太郎の送り迎えが加わり、Bスイミングスクールに通う日々はしばらく続きそうです。

ちなみに、Aスイミングスクールに通う児童の親に話を聞くと、「うちはベビークラスから通っている」と幼い頃から所属していることが分かりました。毎年、会員が持ち上がりでクラスの何割かを占めるため、なかなか空きが出ないのです。まるで0歳児は募集人数が一番多く1歳児からは枠が激減するという保育園入園の仕組みみたいだな、と感じました。

夏休みの自由研究で電子工作

2019-10-18 12:09

こんにちは! プログラミング教室EduTechSchoolで講師をしているSです。
私は授業日だけのパートタイマーなので、フルタイムママさんのように大忙しというわけではなく、ほどよく時間があります。
もうすっかり秋なのですが、今日は小学生の夏休みの自由研究のお話です。

今年の夏休みの自由研究は、子どもたちと電子工作にチャレンジしてみました。電子工作とは、緑色の半導体のボード(マザーボード)を工作に組み込んだもののことです。工作に動きがつけられるので、ロボットプログラミングの初級版に近いかもしれません。
キッズ向けプログラミングのブームを受けて、最近はいろんな子ども向けグッズが出ているのですが、その中では最古参ではないかと思われる、Ichigojam(イチゴジャム)に、私は前々から目を付けていました。

Ichigojam(イチゴジャム)

手のひらサイズの緑のマザーボードで、これにモニターとキーボードを付けると立派な子ども用パソコンになるというものです。よく『子どもの科学』で紹介されています。しかも低価格! 1,500円ほどです。組み立てキットも売っていて、はんだごてを使って一から組み立てることもできます。

これを夏休みの工作に使おうと思い、夏休みが始まると早速こちらを売っている秋葉原のパーツショップに小学生の娘二人を連れて出かけました。そこではプログラミングや工作もその場で教えてもらえるので一石二鳥。なお、プログラミングは懐かしのBASIC(ベーシック)です。BASICとは、テキストベースの古い言語で、今のお父さま、お母さまの中には子供時代に触れられた方もいらっしゃるかもしれません。
場所はJR高架下のパーツショップの集合体ラジオストアの一角です。Assemblageというお店で、店員さんから子ども達に教えてもらいながら、はんだごてで組み立てを行い、アイロンビーズで工作、BASICで動きをプログラミングして完成です!

はんだごてで組み立て中

羽はモーターをつけて動かしています。

BASICのプログラミングは、二人とも全然できないので、ほぼお店の人に書いてもらったようですが、2時間ずつ2日間通ってなんとか完成させることができました。

モーター2台を動かして羽をパタパタさせるプログラミング内容。

私は横で見ていただけですが、店員さんのスキルの高さに感動! 子どもたちも少しは仕組みを理解できたかなと思っています。ほぼ親の趣味に振り回されながら、なんとか夏休みの電子工作も完成。学校ではみんなに見せて、楽しんでもらったようです。

下の娘の作品。アイロンビーズで作ったくまにLEDをいくつか仕込み、ピカピカとランダムに光らせていました。

今回はIchigojam(イチゴジャム)でしたが、最近は小学生で一番使われている言語Scratch(スクラッチ)で動かせるボード、Obniz(オブナイズ)が出てきて、モニター、キーボードなしで電子工作ができるらしく、来年の自由研究はObniz(オブナイズ)を使おうかと、今から考えてます。そのうちに「もう電子工作は嫌!」って言われそうですが……。
このような感じで、いつも趣味と仕事がリンクしていて、楽しく過ごせています。

1 / 1812345...10...最後 »