2020年02月

わが家のドタバタ劇〜引っ越し・新入学・転園同時進行中~

2020-02-14 10:00

6歳、4歳の男子2人の母、緑茶です。

今回は、4月に引っ越しすることにしたわが家のドタバタ劇をお届けしたいと思います。

どんなところがドタバタなのかというと、
長男の小学校入学準備
次男の保育園転園手続き
仕事
の3つを同時にしながら、さらに引っ越しもするというハードっぷりだからです……。

さて、引っ越しをこのタイミングにしたのは、
長男を卒園まで同じ園で過ごさせてあげたいという想いと、
4月から年中となる次男の転園はさほど厳しくないだろうという判断からです。

幸いにも、4月からの新居での生活にタイミング的にもちょうどよい2月中旬の引き渡しの物件があったので、1月に契約をしました。

ここで引っ越しのタイミングが難しいなと感じたことが2点。

まずは長男の入学について。
小学校の入学通知は、住民票がある地区の役所から交付されるので、11月にあった入学前健康診断を今住んでいる学区の小学校で受けたこと、健康診断の結果を転居先の学区の小学校に転送してもらうよう学校へ連絡したこと。
また、年明けに行われた入学説明会は物件の契約が終わった後だったので、引っ越し先学区の小学校に連絡して参加することができ、ギリギリセーフでした。
これらに関しては役所は関与しません。
学校と保護者と直接のやり取りになるので、ちょっと肝を冷やしました。

次に次男の転園について。
令和2年度4月の認可保育園・こども園の第1次申し込み締め切りが11月上旬で、第1次で申し込むには物件の契約書の写しが必要。つまり引っ越し先が決まっていることが条件でした。よってここでの申し込みは見送り、第2次の2月上旬の申し込みができるように物件探しをしていました。そして2次の申し込みに間に合うタイミングで契約ができ、こちらもギリギリセーフ。

……という感じでここまでなんとかうまくいったのも、11月頃から何度か役所へ足を運び、問い合わせをして情報収集したからです。引っ越し先エリアの保育事情を知るべく歩き回ったことも功を奏しました。

当たり前なのかもしれませんが、役所絡みの手続き関係において、イレギュラーの場合には自分から情報を取りにいかないといけないということ、改めて今回学んだかなと思いました。

次回は、緑茶の次男が無事入園できるのか……その結果をお伝えします。乞うご期待~!

本文とは関係ないですが、わが家定番の豚汁。
たくさん野菜が入っているので「食育!」と思い、子どもたちに「豚汁には何がはいっているでしょーか?」と聞くと、長男「〇〇ち!」次男「パンツ」と答えました……。
男子の育ちとしては順調ですね。

国語の成績問題

2020-02-10 12:00

こんにちは。花まるです。
今年度の中学入試も最終盤に入りましたね。
もうすぐ娘が5年生になる我が家では、今日から週3回、娘の塾弁づくりがスタートしてしまいました!
娘も本格化する受験勉強を頑張っているので、母の私も頑張ろうと思います。

国語の伸び悩み

少し前から、塾に通っている娘の国語の成績に悩んでいます。
他の教科はそうでもないのに、国語だけがどうも伸び悩んでいるのです。
ちなみに私自身は学生時代、国語は嫌いではないけれど、成績は可もなく不可もなくといった感じでした。

それにしても、国語はどうすればできるようになるのでしょうか??
よく「読書量が大事」「語彙力は読書から身に付く」などと言われます。
だったらうちの娘もできるはずなのに……。
娘は、読書はかなり好きな方だと思います。
よく「本を買って」と頼まれますが、どの本もすぐに読み終わっているようです。
娘の場合、読書は好きなのに文章は書けない!!
なぜなの~~っ!?

小さい頃からもっと……

でも、娘がもうすぐ高学年になる今になって思うのは、
もっと小さい頃に色々やってあげていればよかった……ということです。

エデュの会長はenaで長く国語の先生をしていたので、国語の勉強法などについてお話を聞くことも多いです。
また、ママ社員にも2人、塾講師経験者がいます。
色々聞かせてもらった話を総合して思う、やっておけばよかったことは
音読と書き写しです。

小学校低学年のとき、学校の宿題で教科書の音読が毎日のように出ていました。
あれ、結構適当にやっていました。
家事をしながらの片手間とかじゃなく(先生が「お料理しながらでもいいから聞いてあげてください」って保護者会で言っていたんですが)、もっと注意深く聴いていれば、子どもがこの言葉の意味を理解できていない、とか気づけたはず。
もっと遡ったら、保育園時代に、家でも絵本の読み聞かせをもっと熱心にやってあげれば良かったかも。
……保育士さんの方がプロだから絵本を読むのも上手だし。
……パパがやってくれているし。
こんなふうに言い訳をして、ついつい怠けていました。

それから、字を丁寧にかくことはすべての基本だったと、今さら思います。
娘の字の雑さも残念なのです。
採点者に読んでもらえないような字だと受験でも損をすると思うのですが、
高学年に差し掛かって、それ以外にも色々こなさなければならない今になると、もっと優先順位の高いことがたくさんありすぎて、字の丁寧さまで娘に課すのは酷な気がしてしまいます。
字に関しては、書くこと自体にワクワクしている低学年のうちに徹底しておいたほうが、後のち親子ともに平和に過ごせると痛感しています。
今、本当に苦労しているので、低学年以下のお子さまがいる皆さん、頑張ってください。

タピオカ事件?!

「お母さ~ん、タピオカって生き物なんだよ!」

ある日、娘が大発見をした! という様子で話しかけてきました。
な、何を言っているの??
娘の手にあるタピオカの容器には、「生ものですので、開封後はお早めにお召し上がりください。」の説明文。

「生もの」を「生き物」と勘違いしてしまう娘……。
大人が思う常識は子どもの常識ではない。
しかし、いつになったら……。

娘とポケモン

2020-02-05 11:10

こんにちは。
EduTechSchool講師のSです。
インフルエンザだけだと思ったのですが、新型コロナウイルスまで流行り始め、慌てて追加のマスクを買い集めている今日この頃です。
人混みに出かけるのも心配……ということで、家で楽しく過ごしているお話を。

ポケモン、大好き

我が家には小1、小3の女子がいますが、
2人とも、11月中旬に発売になったSWITCHのソフト、『ポケットモンスターソード』にはまっています。

元々は小3の長女のために買ったのですが、長女よりも長い時間プレイしているのが、小1の次女。
最初にSWICHを買った時には、「たまごっちの方が好き!」と言って見向きもしなかったのですが、最近はSWICHをやりたいがために、朝一番に起きてきて、お姉ちゃんが使っていない時間、必死でプレイしています。

どうやら次女のプレイ時間が増えるのは、元々慎重な性格のためのよう。
通常のレベルで行けるところの10ぐらい上でないと行きたくないらしく、いつまでも先に進めないという状況に陥っているようです。
他にポケモンも一生懸命集めていて、さらに「ポケモンキャンプ」というポケモンたちとキャンプする機能があるのですが、それも大好きらしく、なかなかストーリーが進まないようです。

視力が悪くなってしまう心配もあるので、ゲームには時間制限もかけてはいるのですが……。
ただ、経験則として「ゲーム好きな人にはプログラミング得意・好きな人も多い」こともよく知っているので、ゲームが単純に悪いものとは思えず……。
加えて、もともと私自身もゲームが好きで、時代を感じて申し訳ないのですが、ファミコンの2次元のドラゴンクエスト、PS2ではファイナルファンタジーも夢中になってやっていた手前、あまり強く「ダメ!!」とも言いづらい……。
というわけで、頭ごなしにNGとも言えず、なんとなくこの状態を容認してしまっています(^^;)

さて、次女に買ってあげた攻略本は、かなり使い込んでこんな感じに!

付箋の意味は不明ですが、ポケモン名が書いてあったりするので、捕まえたポケモンなのかもしれません。
(この熱意でソロバンなんかも頑張って欲しかった……)

最近の任天堂がすごいな〜って思うのが、11月15日に発売したこのポケットモンスターに加えて、1月10日から拡張ステージの「鎧島(よろいじま)」をダウンロード販売しているということ。
1月10日以降は、ゲーム内で鎧島(よろいじま)へのコメントが出てきたりしていて、うまく追加購入を促しているなぁ……と。
お年玉をもらったばかりで、子どもたちも軍資金をたくさん持っているタイミングですし。

すっかり任天堂の罠にはまってしまった〜!! と心配をしつつも、実は私もポケットモンスターソードを始めてしまい、娘たちと一緒に楽しんでしまっています。
……鎧島(よろいじま)も、こっそり買ってしまいそうです。

頑張れ!受験生&ご家族の皆さん

2020-02-01 11:51

合格絵馬

いよいよこの日がやってきましたね。
本日、東京都・神奈川県の私立中学入試本番です。

受験生の皆さん、これまでの勉強の成果を十分に発揮できるように頑張ってください。
心から応援しております。

我が子の受験を支えてきたお母さま方も、いよいよこの日を迎えてしまいましたね。
お子さま同様、それ以上の緊張感、プレッシャー……。
大切なお子さまの胸中を思うと涙が零れてしまいそうになるのではないでしょうか?
試験を終えて戻って来られたお子さまを、まずは労い、抱きしめてあげて欲しいな、と思います。
また、これまでお子さまを支えてきた自分自身も褒めてさしあげてください。

考えてみれば、子どもって、
授かっただけでも奇跡。
無事生まれてきてくれただけでも奇跡。
その存在自体が宝物です。
古来、「○つ」と年齢を数えるうちは神様のもの、とされていました。
およそ12年前は、本当に小さな赤ちゃんだったお子さま。
そんな愛するお子さまが、大人でも過酷に感じるような厳しい受験勉強を乗り越え、
今日、たった1人で大切な試験に臨んだのです。
そんな試練に立ち向かえるたくましいお子さまに育て上げたご家族の皆さんも、本当に素晴らしいと感じます。

受験本番の本日は晴天で比較的暖かい朝を迎えることができましたが、
受験直前になってのインフルエンザの流行、コロナウイルス肺炎、
そして、本日未明、2:00頃の緊急地震速報……と、
最後まで心穏やかに迎えるのが難しい今年の受験だったのではないかと思います。

ですが、条件は皆同じ。
そして、受験は最後まで何が起きるかわかりません。
笑顔の春に向かって、最後の1分1秒まで諦めず、前に進んで行けることをお祈りしております。

実はインターエデュでは、本日は朝から社員全員がスタンバイしています。
少しでも受験生の皆さまを応援できるよう、どこよりも早い解答速報の公開を目指しておりますので、どうぞご期待ください!

エデュの社内にあった合格キャンディー。皆さまにご利益がありますように!

エデュの社内にあった合格キャンディー。皆さまにご利益がありますように!