記事一覧

クリスマス DD号泣事件

2019-12-23 08:00

こんにちは、秀鈴です。

クリスマス、もう間もなくですね。この日に向けて、パパサンタ、ママサンタの皆さんもいろいろと準備されていることと思います。

さて、サンタクロースといえば子どもにとってはとても素敵な存在ですが、「サンタクロースは本当にいるの?」という疑念も持たれてしまうこともあるでしょう。

これはもう“透明なブラックボックス”のような永遠のなぞかけのようなものです。でも、小さいうちはサンタクロースという目に見えない存在であっても、信じる気持ちを大切にしてもらいたいなと、大人として思っていました。

(この思いを強くしたのは、18歳のときに学校の先生から教わった、120年前、ニューヨークに住むバージニアという女の子が、ザ・サン(新聞社)に「サンタクロースは本当にいるの?」という手紙を出した逸話(このお話は絵本にもなっているのでおすすめです)と、大好きな『星の王子さま』で「いちばん大切なことは目に見えないんだよ」と言ったキツネの言葉がリンクしたことがきっかけです。)

そんな私も突然親になりました(担当記事第1回目参照)。DD(息子。男子大学生)と家族になって初めての年、DDがサンタの存在を信じているということをDD父から聞いた私。かくして、いかにして子どもにサンタクロースはいるとだま…いえいえ信じてもらうか、ここは親としての力量が試されると、毎年クリスマスには試行錯誤しながらサンタの存在をちらつかせつつ、プレゼントを用意していました。

だが、しかしその努力が崩れそうになった年があったのです。

あれはDDが小学校2年生だったか3年生だったかのクリスマス(←いい加減記憶だな、おい)。

この年、DDが欲しがっていたのは自転車。

しかしながら、DD父も私もとある大型Webサイトのリリースに向け、例年にない忙しさ。年末はとんでもない状況になっていました。ベビーシッターにお願いできる日は深夜の帰宅(スタッフがいたので事務所は別に借りてました)、いない日は自宅で明け方近くまで仕事という日々で、DDのプレゼントどころではないような状態だったのです。

しかし非情にもクリスマスは刻々と近づくのです。
納品締め切りと同じように。。。

もうこうなったら、ドン・キホーテで何か買おう、自転車は無理でもあそこだったらなんかあるし深夜でも大丈夫だ!と後回しにしたのが悪かった。

そして、やってきてしまったクリスマス・イブ。

大雨です。
12月だというのに嵐のような大雨。しかも夜が更けるにつれ強まってきました。
この日は二人とももう精魂尽き果てている状態。クリスマスパーティーをするためになんとか早く帰宅し、DDを寝かしつけ、持ち帰った作業を少し片付けたら買いに出ようと思っていたのですが、もう外に出る気も萎えてしまっていました。

どうしよう…

と思っていた午前1時すぎ、突然泣き叫ぶ声がDDの部屋から聞こえます。
なんだ変な夢を見たか?と思っていたら、DDが号泣しながら仕事部屋に入ってきたのです。

「まだサンタさんが来ていない!!!!!(´;ω;`)ウゥゥ!!!!!!!」

おそらく雨の音で起きたのでしょう。
目を覚ますと毎年枕元にあるプレゼントもなく(本人としては自転車がある予定)、用意していたサンタさん用のクッキーもまだそのまま。
それは泣くよな…。

あまりの号泣ぶりにうろたえる情けない親たち。

そこでかけた声は、

「ほら、雨がひどいからさ、きっとサンタさんも大変なんだよ。トナカイだってこんなに雨がふってたら進めないよ。どっかで雨宿りしてるんだよ」

と思いつくあらん限りの慰めの言葉をかけ、「晴れるといいね」と言いながら寝かしつけたのでした。

<<<反省>>>

サンタクロースを信じて欲しいのであれば中途半端な気持ちや行動ではダメなんです。
なんとかなるよな、という甘い気持ちではダメなんです。
真剣にいると思っていた子どもに対してなんという裏切りか…
とにかく親として反省。

とはいえ、ここまで泣かれ、失望しているのにドンキで中途半端なプレゼントでごまかすのもどうか、ここはDDが欲しいと言っていた自転車をやはり用意すべきではないかと話し合い、まずはDDにサンタクロースからのお詫びの手紙を書くことにしました。

しかし、手紙をどう書くか。
サンタクロースは日本人ではないから、日本語はおかしい。
フィンランドから来るんだよね(サンタクロース村はフィンランドにあります)、じゃフィンランド語?
いや、わかんないし!

とすったもんだしたあげく英語で書き、DDの枕元に置いたのです。

翌朝は快晴。
「やっぱり来なかった…」とかなりダウナー状態⤵のDD。

「ん?さっき部屋見たら枕元にお手紙があったよ。サンタさんからじゃない?見てきたら」と促すわたし。

そしてDDが持ってきた“サンタクロースからの手紙”(代筆わたし)を読んであげたのでした。

確かこんなことを書いたかと

「メリー・クリスマス!
 プレゼントを届けられなくてごめんね
 自転車を用意していたんだけど、
 すごい雨だったので運べなかったんだよ。
 だからあとで送るからね」
(英語で)

自転車は2日後に用意。
サンタさんから来たよ。やっぱり大きいから大変だったんだよねと言って渡したのでした。

その後、“サンタクロースからのプレゼント”はDDが小学校6年まで続きます。
最後の年は2度目の“サンタクロースからの手紙”と共に枕元に置きました。

「わたしからのプレゼントはこれで最後だよ。
元気でね」と。(もちろん英語で)

それからさらに月日は経ち、成人したDDに聞いてみました。

サンタクロースっていつまで信じてた?

彼の答えはこうでした。

「小5くらいにはなんとなくお父さんたちが用意していたんだろうなと思ってたけど。
 友達もそんなこと言ってたし。
 でもサンタクロースということで思っておいたよ」

習い事の玉突き事故?!

2019-12-18 08:00

こんにちは。
間もなくやってくる子どもの冬休みが怖い、プログラミング教室EduTechSchool講師のSです。
今回は、子どもの習い事が玉突き事故のようなかたちで、自動的に整理されちゃったという話をします。

さて、子どもの習い事。皆さん、どうされていますか?
特に小学校低学年の習い事って、「あれもやらせたい」「これもやらせたい」って、気づいたら結構詰め込んじゃいますよね。

うちには、小3と小1の女子がいます。
お姉ちゃんは、そろばん、ピアノ、バレエ、水泳、オンライン英会話と、気がついたら目いっぱい詰め込んでしまっていました。
そして、本人もなんの迷いもなくそれらをサクサクとこなしてくれていて、それが普通だと思ってました。
ところが、小1の妹は、いつも嫌なことは一切しない、ワガママ女子です。

いつもは可愛い娘です!

妹には、そろばん、ピアノ、水泳、オンライン英会話をやらせていました。
以前からその兆候はあって、水泳を嫌がっているのを無理やり通わせていたのですが、だんだんと休みがちになり、行かなくなってきました。
そこで思い切って水泳をやめ、パパがやらせたがっていたテニスを始めました。
ところがテニスは何か気に入らなかったのが、1か月くらいで行かなくなり、その勢いで「もう行きたくないものは行かない!」と決めたらしく、母としては一番続けてほしかったそろばんを、5級のテストに落ちたその日を最後に、もう嫌になってしまったらしく、こちらも行かなくなってしまいました……。


 
テニス、水泳は、まあいいんです。
でも親としては、そろばんだけは、算数の成績に直結するので、どうしても続けてもらいたかったのです。
いろいろなだめたり、おだてたり、説得したりしたのですが、頑として聞かず……。
とうとうそろばんも自然淘汰されてしまいました。

水泳→テニス→そろばん という玉突きで、
ちょっと前までは想像すらしていなかった事態、
大事なそろばんが整理されてしまうということになってしまいました!!
親としては大ショックです。

もともと1年生の娘に詰め込みすぎといえば詰め込みすぎだったので、すっかりきれいに整理された習い事。
ピアノと、さぼりがちなオンライン英会話、そして抽選に当たった区主催のバレエ教室には行くとのことで、ほどよい量に収まりました。
本人は全く気にせず、楽しくやっています。

まあ、それでよかったのかな? とも思い始めたのですが、理数系のものに少しでも触れてもらいたいというのは、まだちょっと狙っていたりして。
「プログラミングでもやってみる?」と声をかけたところ、「やってもいいかな?」なんて言っていたので……。
本人の気が向いたら、またいろいろ試してみたいと思っています!

手抜きピクニック

2019-12-13 09:15

こんにちは。友近です。
週末になると寒かったり、天気が悪かったりする今日この頃。
少し前までは秋晴れの日が続いていたのに。
逆に、週末の天気予報が良いと、今度は何をしようかと、木曜日あたりからワクワクがとまりません。

我が家のちび子は2歳なので、アミューズメントパーク系はまだ元が取れないという理由で、行かせていませんでした。
でも先日、誕生日のお祝いでネズミさんの国へ行ってきました。
以降、事あるごとに、「ミッ○ーちゃんのおうちにいくのー!」と嘘泣きされます笑笑
ネズミさんの力を痛感。

さて、少し前の日曜日に、近所の大きな公園へピクニックに出かけました。
朝、溜まっている洗濯やお掃除などをしてからのお出かけなので、時刻は11時過ぎ。
オリ○ン弁当を買って、レジャーシートだけ持っての、なんちゃってピクニックです。

雲1つない秋晴れの空。
少し色付いてきた木々。
原っぱにシートを敷いて、ゴロん。
空を寝ながら見たのは何年ぶりでしょう。

「あー、なんか幸せだなぁ。」と感じた瞬間でした。

日々は忙しく、色んなものに触れようとする我が子の手を払うことばかりですが、
五感をフルに使うような体験を沢山させてあげないとな〜と反省。

体験つながりで……
話は変わりますが、私の担当している学校で、「子どもたちに原体験をさせる」をテーマに掲げて教育改革をなされている所があります。
その子どもの価値観、人生観に影響を及ぼすほどの衝撃的な体験です。
世界の中でも貧困地域に派遣させ、現場を肌で感じ課題を解決してくるプロジェクトなのですが、多感な時期の子どもであるからこそ、尚更その経験は、その子の大きな財産になるのだろうと思います。

さて、原体験とまではいきませんが、
今週末も、ちび子の五感に訴える体験、ちなみに友近にとってもアンチエージングになる体験、探そ~っと。
晴れますよーに♡

サンタさんにお願い☆

2019-12-09 09:18

お久しぶりです。みきやまです。

ここ最近、子どもたちが交互に発熱やら怪我を繰り返し、仕事を休んでばかりの私。
(皆さま、本当に申し訳ありません!!)

週末は2男児の相手に疲弊し、何故か月曜の朝は肉体的に1番疲れている私ですが、死ぬほど息苦しい通勤電車内でさえ、1人になれる有難い時間と感じるほどです。

会社の企業理念である、
〜未来のこどもたちへできること〜
を心に刻み、いざ仕事へ出向くと、日本の子どもたちの未来の幸せを願い(やや大げさ?!)、様々なエリアを営業として駆け巡っています。

ある日の万歩計アプリ。これでも少な目なほうです!

多いと2万歩近く歩く日もあり、かなり健康的な職種……なはずが、なぜか春に買ったパンツが履けなくなり、
最近話すことの楽しさを覚えた2歳の次男から、
「ママ、ぶたさんになったの〜?」
と毎日聞かれる始末。

来年から新1年生になる長男は、何事にも興味を示し、思ったことや疑問をすぐその場で投げかけてくれるのに、
自分の作業を止められず、
「ちょっと待って!」
ばかり言ってしまう私。

天才男児3人を育てたというアグネスチャンさんがテレビで、
「子どもから質問を受けた時は、
青椒肉絲(チンジャオロース)のピーマンが黒く変わってしまおうとも、その場で火を止めて全てを聞き入れるんです!!」

と話すのを観て猛省。

仕事と育児と家事のバランスを考えると正解に辿り着かず、悩みは尽きませんが、
兄弟が次から次へと
「ママあのさ、クリスマスは仮面ライダーの〇〇と△△とサッカーボールと自転車で良いからねー」
(↑やたら多いな……)

「ボクは白バイだよー」
(↑意外とシンプル安上がり!)

「保育園の演劇ごっこは桃太郎やるのー」
(↑オイオイ、それって主役じゃないの? 休み取らなきゃ! もっと早く言ってくれー)

などなど話しかけてきたときは、
まず受け入れ、なるべく手を止め、
「教えてくれてありがとう」と言うことにしました。

余裕なくガミガミと怒ってしまった日も、
「たからもの1号(長男)2号(次男)よ、
生まれてきてくれてありがとう」
と抱きしめてから眠るようにしています。

頭の中で、洗濯物畳まなきゃ……、ゴミまとめなきゃ……
等などと脳内に残ったタスクを並べながら、
子どもたちと寝落ちしてしまい……翌朝降り出しに戻って戦争スタートです!!笑笑

寝なくてもお肌も身体もピンピンだったあの頃の若さが欲しい……
横から見た姿が前から見た時と変わらない程、蓄えてしまった贅肉よ消え去れ……

我が子同様、無茶振りなお願いをサンタクロースに願う、みきやまでした。

そうだ 京都行こう。後悔しないように

2019-12-03 14:28

こんにちは。秀鈴です。

11月のある日曜日のこと、プイッと行ってきました。3年ぶりの京都へ、しかも日帰り。

小さいお子さんたちの多いエデュママたちと違い、うちの場合は息子は十分育ってるし(大学4年生)、ほぼ独り身なので、こういうことがしやすくなりました。

11月とはいえまだ紅葉シーズンにはちょっと早いのに、なぜわざわざ日帰りで京都に行ったのか…それは京都国立博物館で特別展示されている「佐竹本三十六歌仙絵」を見るためだけに行ったのです。古典好き、絵巻物LOVE、歴史好き、紙フェチ、妙にこだわった表具デザインものに心ひかれる私としては、これはどうしても見逃したくない企画展! 全国巡回もなく、開催期間が1ヶ月ちょっとというこの類の特別展には異例の短期間。もうこの日を除いていく機会がなかったのです。

京都国立博物館

「佐竹本三十六歌仙絵」について

ここで私を動かした「佐竹本三十六歌仙絵」について少々長く面倒な説明をいたします。

「三十六歌仙絵」とありますが、もとは鎌倉時代に作られた、上下巻にわかれた絵巻物でした。

ここに描かれている三十六歌仙とは平安時代の歌人・藤原公任が選んだ、飛鳥時代から平安時代に活躍した三十六人の優れた歌詠み人のことです。歌聖とも呼ばれた柿本人麻呂、よく知られている小野小町、在原業平などがメンバーです。

この絵巻がなぜここまで注目を浴びるのか、それは他の歌仙絵とは独特のものがあるからであろうといわれています。単純な肖像画としてではなく、各歌人が歌の意味に合わせて表情や姿勢に微妙な表現がなされており、また描かれた紙も絵の具も、そして技法も、当時としては最高級のものが使われていると言われています。

佐竹本とは?

絵巻はさまざまな経緯を経て、旧秋田藩主・佐竹侯爵家が所有していたことから「佐竹本」と呼ばれるようになりました。そして、ちょうどいまから100年前の1919年(大正8年)、なんと、売りに出されることになったのです。しかし、あまりの高値に買い手がつかず、このままでは海外に流出してしまうかもという危惧があったため、これを取り扱う古美術商が、当時三井物産を支えた実業家であり茶人・美術品コレクターの増田鈍翁に相談。益田は「だったら絵巻をバラバラにして、1歌仙ずつ売ろう!」ということになり(後に「絵巻切断事件」と呼ばれるようになった出来事)、こうして1枚ずつバラバラになって、益田の呼びかけで当時ブイブイ言わせてた実業家や文化人があつまり、一人一歌仙ずつ所有するに至ったのです。

そのバラバラになった絵が、100年ぶりに一堂に介するというのが、今回の特別展なのです!!!

ちなみに「切断」というとかなりセンセーショナルな感じですが、もともと絵巻は1枚1枚描かれたものを張り合わせているので、糊の部分をきれいに剥がせば切らずともバラバラになります。なので表現としては分断が近いでしょう。

鴨川

(ちょっと休憩。ここまで書いて興奮再燃。鴨川を見て心落ち着けよう…)

美しい紙、歌うような筆文字、愛らしい表情…そのすべてがいとをかし

朝7時に出発し、現地に着いたのは10時50分ごろ。一時期京都の某大学の通信課程をとっていたこともあり、当地に幾度となく通った私は、観光シーズン真っ只中の京都駅出発のバスがいかに混むかは熟知しております。京都国立博物館のある七条は駅から歩いて20分ほど。ここはテクテク歩いて博物館へ。

企画展は三十六歌仙絵以外の同時代の絵巻や歌集も展示されていました。最初の展示ブースにあった「国宝 三十六人家集 重之集」など、1000年前の透かしの入れ方、色の配色、装飾など、これでもか!というくらいの超絶技巧を詰め込んだ紙の作り方は大変素晴らしく、もうここだけで血圧上がるほどの興奮でした。本命の歌仙絵に行くまでに結構時間を費やして見てたように思います。

さらに歌集にかかれていた字がこの上なく流麗で書かれている文字の墨の濃淡や、強弱、文字の大きさ、筆使いなど、まるで読み上げている声が聞こえてきそうなリズミカルな感じが視覚から訴えてくる。まさに“歌そのもの”でございました。

そしていよいよ、三十六歌仙絵の展示エリアへ。
一同に介するといいながらも、36人中今回集まったのは31人(前後期展示入れ替えありなので総勢31人換算)とプラス1社。1社とは下巻に描かれた住吉大社の絵です。絵の中で1番人気で高額だった斎宮の女御など個人所蔵のものは出展されないものもあり、やはりここは交渉が難しかったのかもしれません。ただ31人とはいえ、ここまで集まっての展示はかつてない規模とのことでした。

それぞれの絵は、そもそもこの絵を分割した益田鈍翁が集めた人たちというだけあって、当時ブイブイいわしてた金持ちたちとはいえ美術価値、文化価値がわかってたんだろうと思われるほど、歌の内容に合わせた素晴らしい表具があつらえられ、一反の掛け軸としても見応えのあるものです。

紀貫之の絵は、室町時代のお能の衣装を表具にするというまさに贅沢の極み。さらに、雪が降る様を詠んだ歌に合わせて、扇が降ってくる文様を充てるというのはとても洒落ています。

もちろん絵そのものも、とても表情豊かで愛らしい。
詠まれている歌が

「みんな都を出て新しい赴任先に行くのに、俺は1人残っちゃったな…」(春になると転勤して赴任先に向かうのは平安時代も同じ)
とか
「君、今夜来るって言ったのに来ないんだもん。ずっと待ってたのに」(当時は通い婚。しかも詠み手が男性なのに女性を待っているという珍しいもの)
とか
「もう彼ったら寝ちゃって帰らないんだもん!寝起きのこの顔見られたくないのにぃ!」(後期展示の紅一点、小大君の歌。当時は朝になる前に彼氏は帰らないといけないルール)

とかとかいう歌にあわせて描かれているので、しょんぼりしてたり、すっぴん見られたくない女子が困っているような顔や、ぼんやり上を見上げてたりとおもしろい。
ほかの展示ブースには同時代から江戸期までのさまざまな歌仙絵も展示されてたのですが、佐竹本の絵のほうが色彩の豊かさ、絵の空間の使い方、そして微妙な表情が良かったりしました。

(「重文 後鳥羽院本三十六歌仙絵」は墨だけで書かれている白描と呼ばれる手法によるもので、それはそれで別の趣もあり、女御たちの黒髪は艶かしくて良かっったです。)

また、展示全体を通して今回の裏テーマでもある、「文化財の流出問題」についても考えさせられるものがありました。

帰り際の京都タワー

じっくり鑑賞して、約2時間半。その後、国立博物館の目の前にある三十三間堂に修学旅行以来の32年ぶりに再訪したり、私史上最高のラ・ヴァンチュールのタルトタタンを再び購入できたり、志津屋の厚焼きふわふわ卵焼きをはさんだクラブハウスサンドもしっかり購入と、帰るまでの約6時間をフルに使い切り帰京(DDリクエストの硬い八つ橋もちゃんと購入。母偉い)。
行き帰りの新幹線代のことやら考えると高い週末でしたが、悔いはございません。