記事一覧

フロントエンドエンジニアリングとサーバサイドエンジニアリング

2013-02-21 17:35

近年、「フロントエンドエンジニアリング」という言葉が良く使われるようになりましたね。先日会社の近くの本屋さんに寄ってみたのですが、関連書籍もチラホラ見るようになりました。

まだ正式な定義というものは無さそうですが、概ねこんな業務を担う人のことを言うようです。

  1. HTMLマークアップ
  2. CSS3の記述、Javascriptのプログラミング
  3. サイト全体の設計(UIやサイトマップ、SEOなど)

以前なら「コーダー」とか、大きい括りでいうと「デザイナー」と呼ばれていた人たちですね。「サーバサイド」に対してクライアントサイド、つまりブラウザ周りのことを総合的にエンジニアリングする人たちのことを指すと私は理解しています。

なぜ、フロントエンドエンジニアリングという概念が注目されるようになったのか。それはHTML5やCSS3、jQueryなどが普及するに従って、こうした技術を扱うことが今まで以上に難しくなってきたからだと思います。というよりも、新しい技術をどんどんフォローアップしていくことが難しくなったと言ったほうがいいかもしれません。だからそれを専門とする人たち(というよりもそれを得意とするコーダー/デザイナー)をあえて「フロントエンドエンジニア」と呼ぶようになったのかもしれません。

>>続きを読む

XdebugとVimを使ったPHPのリモートデバッグ

2012-09-20 11:24

インターエデュでウェブエンジニアをやっている野澤です。今日はXdebugを使ったリモートデバッグについて簡単にまとめたいと思います。

普段私はあまりデバッガを使った開発はせず、ほとんどprintデバッグが中心で、ブラウザにプログラムの内容を表示させたり、エラーログを確認しながら開発しています。自分たちが開発したプログラムであれば、どこがどういう仕組になっているかはある程度把握しているので、それで十分ではあるのですが、wordpressなどのオープンソースを使った開発になると、内部でどのような処理が行われているかを確認する必要が出てきます。しかしオブジェクト間の依存関係や、階層が深くなってくるとどうしてもprintデバッグだけでは時間がかかってしまいます。

そこでPHPのデバッガであるXdebugの登場です。

XdebugはPHPの拡張モジュールであるPECLパッケージの一つとして提供されています。私の開発環境には欠かせない機能の一つです。Xdebugを使うと、エラーが発生した時に自動的にスタックトレースをHTML形式に変換して表示してくれたり、ローカルスコープの変数を出力してくれたり、var_dumpの出力結果を色付きで見やすくしてくれます。

Xdebugにはリモートデバッグ機能がついていますが、あまり使ったことはなく、今回改めてきちんと導入しようと思い、調べてみました。

>>続きを読む

インターエデュの開発環境

2012-08-07 18:01

はじめまして。インターエデュでウェブエンジニアをやっている野澤と申します。このブログでは業務をしていくなかで見つけた開発のヒントやtipsなどを少しずつ紹介していきたいと思います。

今回は初回ということもあり、まずインターエデュの開発環境についてちょっとまとめたいと思います。

インターエデュには数名のエンジニアがおりますが、特に開発環境については取り決めがなく、個人が自由にセットアップをしています。

以前はWindowsマシンでの開発がメインでしたが、今では私を含め、エンジニアのほとんどがMacを使っています。理由としては今後iOSアプリの開発などを行なっていくためです。ちなみに私はMacBook Proを使っています。もちろんwindowsで開発をしている人もいます。

MacにVirtualBoxをインストールして、ゲストOSとしてCentOSを入れて、そこにLAMP環境を準備しています。このMacは2.8GHz Intel Core i7で4つコアがあり、メモリも増設してもらい8GBもあるので、仮想マシンには1コアと2GBのメモリを割り当てています。かなりサクサク動きます。

私自身はVimが好きなのでいくつかプラグインを入れてカスタマイズしています。そのうち.vimrcでも紹介できればと思います。ターミナルはiTerm2を使っていて、SSHでログインしてzshで作業をしています。他にもeclipseを使っている方もおりますし、windowsの方はVMWare Serverをインストールして作業をしていたりします。最近はphpstormなんかも良いらしいですね。

ソースコードは3年ほど前からSVNで管理をしており(それ以前はCVSでした)、Redmine上でタスクの共有をしています。デザイナーもSVNを使っており、基本的にソースコードは丸ごと共有しています。社内に共有の開発サーバがあり、そこで動作確認をしてから本番環境にファイルをアップロードしています。

アジャイル開発が随分と騒がれていますが、効率的な開発環境はとっても大事ですね。あまり既存の考え方にとらわれずに、開発チームの人数や内容によって、やりやすい方式をとっています。あまり重たい仕組みにしても仕方ないですしね。そろそろgitに移行したいなと思っています。

他の会社のエンジニアと話す機会が時々ありますが、みなさん開発環境にはこだわりがあるようで非常に勉強になりますね。

野澤のデスクトップの写真

Macをスタンドに乗っけてデュアルディスプレイにしています

株式会社小学館との資本・業務提携に関する基本合意締結のお知らせ

2012-06-05 15:16

当社は、本日臨時取締役会において、株式会社小学館(非上場、以下「小学館」) との資本・業務提携について決議し、小学館との間で基本合意に至りましたので、下記の通りお知らせいたします。

  1. 業務提携に関する基本合意の内容
    インターネットを利用した教育関連事業について、当社及び小学館がお互いに協力し合い、両社の収益基盤の拡大と強化、収益力の向上を目指します。
    なお、具体的な業務提携の内容については、今後両社の間で協議を進めてまいります。
  2. 資本提携に関する基本合意の内容
    当社と小学館の関係を緊密なものとするため、河端真一(当社代表取締役社長)が個人で保有するインターエデュの株式の一部936 株(当社の発行済株式総数5,200 株に対する割合:18%)を小学館に譲渡いたします。
14 / 14« 先頭...1011121314