記事一覧

亡き人からの手紙

2020-04-13 12:39

こんにちは。
EduTechSchool講師のやまこです。

新型コロナウイルスの影響で、EduTechSchoolも5月6日までの休校が決まりました。
ポッカリと予定の空いた時間。
そして、大きくなってからは一緒に過ごすことの少なくなった子どもたちとの、
思いがけず親子で一緒に過ごす時間が増えました。

さて、時間ができたので、少し前の出来事を綴っていきたいと思います。

お知らせ

先日、夫宛に郵便物が届きました。

書かれていた文字は、『運転免許証更新のお知らせ』。

そっか、そうだよね……。
本来ならば、5年前、夫が亡くなったときに免許証を返納しておくべきだったのですが、
私がそれを行っていなかったため、自動的に届いたお知らせでした。

5年たった今でも、
夫が、亡くなったということ……。
もう二度と会えないってこと……。

……頭では理解できる。
でも、
わかんない。
まだ。
……いないんだって、わかる。
でも、わかんない。
会いたい、会いたいって思ってたら、
いつか
会えるような気がするから。

悲しみには5段階あるとされているそうです。

〈第1段階〉否認と孤立
悲しみを現実のものとして受け入れることができない状態。

「出張している」とか、
「旅行に出ている」というように
自分に言い聞かせて、
夫の「死の否認」をする。
私はこの状態が本当に長く続いていました。
 
〈第2段階〉怒り
自分自身や周囲へ、怒りをぶつける状態。

最愛の夫がどうして亡くならればならなかったのか?
私が何か悪いことをした?
もっと出来得ることがあったのではないか?
など、
自分自身や周囲に対して手当たり次第に疑問と怒りの感情をぶつけていました。

〈第3段階〉取引
神様など、目に見えない存在にお願いをする状態。

この段階でも、まだ夫の死を受け入れていませんでした。
だから、夫を供養しようというような考えはなく、
「どうか生き返りますように……!」など、奇跡を信じて目に見えない存在に願っていました。

〈第4段階〉抑うつ(落胆)
悲しみをやっと現実のものとでき、深い悲しみに包まれた状態。

神仏に祈っても何をしても奇跡は起きず、
何をしても夫は返ってこないことがようやくわかった状態。
そして、暗く落ち込んだ気持ちになっていました。

〈第5段階〉受容
時間が経つにつれ、少しずつ日常生活に戻っていく段階。

悲しみは変わらず感じるけれども、夫の生前の幸せだった思い出を振り返ったり、
夫のお空での幸せを願ったり、ということができるようになる。

5年あまりの月日が流れ、私はようやく第4段階と第5段階の間くらいのところにいます。

私たちの今

月日は流れ、
夫がなくなったときに中3だった娘は、
夫の完治できなかった病を治すべく医師を志し、医学部へ進学。

当時小4だった息子は、
この春から中学3年生。
野球部に所属し、良い友だちにも恵まれ、中学生活を楽しんでいるようです。

そろそろ私も、
何か生きがいを見つけなければと。
届いた通知は、それに気づかせてくれたのでしょうか。
亡き夫からの、最後の優しいお手紙だったのかもしれません。

ママが大活躍の学校広報サポート★メンバー募集中!

とってもお久しぶりの更新になってしまいました(>_<)

(育休産休を取得しており、約1年以上ぶりの登場です!!)

更新STOPしている間にエデュでは新しい部署が新設されました。

その名も・・・『スクールエージェントセクション』
学習塾を対象に、学校の広報活動を行っている部署です。

学校の先生の代わりに、学校の魅力や特徴を学習塾の先生へお伝えする仕事です。

このサービスが、学校の先生から大人気!

取引校が増加したため、新しいメンバーを募集いたします。

メンバーはママさんが多く、家庭と両立して安心して働くことができる環境です♪
しっかりした研修とOJTがあるので未経験でも大丈夫!
先輩も未経験からスタートして活躍の場を広げています。

私も興味津々の業務内容と勤務条件・・・なんですよ。

なんといっても時短、直行直帰OKというのが働くママにはうれしいですよね。

子どもたちの未来に繋がるお仕事!
魅力たっぷりのお仕事の詳細はこちらをご覧ください。
たくさんのご応募お待ちしております。

 

卒園と入学と

2020-04-06 11:25

お久しぶりです、みきやまです。

新型コロナウィルスでものものしい日々が続いてますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

急な小学校の休校で仕事を長期で休まなくてはならなかったり、
一方で仕事の内容によってはやむを得ず休めなかったり、
お困りの方々もたくさんいらっしゃることと思います。
インターエデュでもついに先週から内勤、外勤問わずテレワーク対応となりました。

そんな中、我が家ではこの春、長男の卒園という大きな節目がありました。

実は我が家にとってだけでなく保育園にとっても第1回目という記念すべき卒園式。
祖父母たちも気合を入れて準備していたものの、両親のみの参列という規制が加わり、短縮で行われました。

去年の4月から開園した保育園だったので、年長さんは4人のみ。
手厚く見ていただき、とても充実した1年間でした。

振り返ってみると、
縁もゆかりもない街への引越し、
インターエデュへの転職、
子どもが新しい保育園へ転園……と一気に重なる1年でした。
ピアノの音色とともに色々なことが思い出され、涙が止まりません。
(LINEでLive中継を両家の両親へ配信していたのですが、私の鼻水をすする音しかほとんど聞こえなかったそうです笑)

今月から長男は小学生(+学童保育)。
次男は小学校の近くの保育園に転園(2歳児クラス)が決まりました。
今までの保育園で使っていたものが転園先の園では使えなかったり……。
2人分の入園・入学準備となると、必要なものの購入やら給食費用の口座開設やら、あらゆる準備に時間もお金もかかります💴

不要不急の外出は控えてはいるものの、
このシーズン特有の、卒園生からの記念品やら担任の先生への謝礼などの準備はやはり必要で、
何かともの要りな時期なので、ネットでポチッとできるものは少しずつ揃えました。

我が家にはミシンが無いのですが、ネットで探せばいくらでも既製品のシーツがあったり、
さまざまなサイズのお名前スタンプやワッペンがあったり……ありがたい時代です(感謝)。
届いたオーダーシーツとワッペンを縫い付けて完成!

さて、そんな中、年度末の最後の日曜日となった先月29日はまさかの大雪!!
雪と桜のコラボは東京ではなかなか珍しい!

これはもう、家でおとなしくしていなさい! ということですよね。。。
しかし、息子たちは今にも外で雪合戦を始めそうな勢い。

雪が止むまで、カップケーキを作ってなんとか彼らを抑制していた私です。

念願の雪遊びが出来てとても満足そうな息子たち。
休校や外出自粛で退屈だったお子さんたちにとっては、とても楽しい日曜日になったのではないでしょうか。

さて、
いきなり学童保育からのスタートで、先週水曜日から朝のタスクにお弁当作りが加わりましたが(汗)、
いよいよ本日からピカピカの1年生!
中止・延期になる地域・学校もあった中、息子の学校では何とか入学式を開催することができました。

青空入学式!

晴天に恵まれた空を見上げると、コロナウィルスのことなどなかったかのような春ですが……。
早く普段通りの日常が戻ってきますように。

2019年度、買って良かったもの☆

2020-03-31 12:30

こんにちは。
「終わり」という感慨にもあまりひたれないような状況のまま、2019年度が終わろうとしていますね。
残念ながらあまり明るい話題が多くない今日この頃ですが、少しでも楽しいことを考えていきましょう! ということで、2019年度最後の働くママのブログは「2019年度、買って良かったもの☆」特集です。
さあ、行ってみよ〜!!

花まる


イッタラのグラス


ビールもジュースもデザートも美味しそうにみえる。


緑茶


ポケモンデザインの子ども用電動歯ブラシ


ポケモン好きな長男がドラックストアで見つけおねだり。値段も張るのでしぶしぶ購入。でも、疲れ切った夜に仕上げ磨きをするにはらくちんで重宝してます。長男次男とヘッドを替えて使えるし、買い替えもそんなにしなくて良さそうなので、わが家にぴったりでした。


つくね


時短レシピ本
(つくりおき食堂まりえさん、山本ゆりさんら)


子どもが大人と同じものを食べられるようになったので、帰ってきてすぐできるレシピを重宝。もともとSNSで見ていた方たちだけど、本の良さを実感。さっと広げて一目で材料別メニューを探せることの便利さよ。
ま、いろいろ作っても結局食べないんだけどね!


ライ太


くもんのスタディ将棋


保育園にあり、子どもがみんな夢中になって将棋を指していたので真似して購入。

友近


メルちゃんコタセラのシャンプー


メルちゃんは、情操教育、しつけ、言葉遣いなど、さまざまな面でご活躍いただいていて、我が家のメンバーであること間違いなし!
後者は、リアルに頭皮の加齢臭を消滅させてくれるレベルの殺菌力。少し高価ですが買う価値あります。


P子


MacBook Air


薄紫色のシェルカバーをつけて、毎日のように愛でています。この世でいちばん好きなソフトがIllustratorなので、やっぱりWindowsよりMacの方がストレスなくAdobeソフトを使えますね! 今のところ、最大の用途はPTA広報誌やら年賀状やら社内イベントの告知チラシやらです(笑)。


みきやま


食洗機Panasonic RULO


引っ越しを機に購入。
良かったことは、夫は平日休み、私は週末休みのため、すれ違いの生活だった我が家に、夫婦で晩酌したり、一緒に映画を見る時間を作ってくれたこと。
ルーロのスイッチonでひととおり床の掃除が完了。
床はルーロに任せている間に他の家事ができる、外出前にスイッチonで帰宅したら床がきれいに。
ルーロを稼働する為に床の物を一通りあげなくてはいけませんが、子どもたちは「ルーロくんにおもちゃを食べられる!!」と慌てて片付けしてくれます。欲を言えば、ブラーバ(床水拭きロボット)も欲しい(笑)。


秀鈴


GOKUMIN マットレス(防水加工スペアカバー付き)


ぐっすり眠れるようになりました。
防水カバーはそんなに必要ないかな〜とも思いましたが、一緒に寝ている飼い猫がベッドの上で吐いてしまったときは、防水カバーでよかった! と思いました。


S


食洗機


今まで手洗いしておりましたが、時短のため購入。もう手放せません!!


やまこ


空気清浄機


花粉症の時期に快適な空気を……と思いましたが、家で過ごす時間が長い最近、本当にこれがあって良かった!! と感じています。


のち


マッサージ機


完全に衝動買いでしたが、おかげで週3で通っていた接骨院通いから解放されました! 医療用でちょっと高かったので、周りからは散々ネタにされましたが、元は取れたはず!



いかがでしたか?
そして皆さまの、「2019年度、買って良かったもの☆」は何だったでしょうか?
何気ない日常のちょっとした幸せを振り返って、どんな状況でも、前向きに生活していきたいものですね。

学校行事

2020-03-25 09:00

こんにちは。ライ太です。小学生の娘(ライ子)と保育園に通う息子(ライ太郎)がいます。
今回は学校公開(授業参観)について。

コロナが世界中を騒がす前の平穏な冬のある日、有給休暇を取得して保育園に行ってきました。
ライ太郎の園には保育園での生活に参加できる行事があり、日を分けて1~2名の保護者が朝から昼まで子どもたちと一緒に過ごします。参観ではなく参加なので、部屋の隅で見学するのではなく、保護者は子どもと一緒に並んで先生の話を聞き、歌い、踊り、遊びます。

日々の送り迎えで交流を深めているので、子どもたちは誰の親が来ようと大歓迎・大興奮。
登園した途端、子どもがわっと寄ってきます。

「今日さ!公園行くとき手をつなごうね!絶対ね!!!」
「あのね!●●ちゃんね!昨日転んで血が出たんだよ!!!」
「さっきね!クマの絵描いたんだよ!見て!ねえ見て!!!」
「▼▼ちゃんね!新しい水筒買ってもらったの!見せてあげるね!!!」

朝からテンションMAXの呼びかけに、つられて「そうだね!!!」「すごいね!!!」「嬉しいな!!!」「わあ可愛い!!!」と同じテンションで返答し、滞在5分で疲労を感じます。

その後、近くの公園で氷鬼をすることに。保護者は選択の余地なく参加です。
氷鬼とは、鬼にタッチされたらその場で止まり(凍り)、味方のタッチによって再び逃げることができるという鬼ごっこの一種。保育園独自ルールにより、タッチされた人は両腕を伸ばし、合わせた掌を天高く掲げるポーズをとります。

氷鬼が始まりました。力走する鬼から必死で逃げる私。ちびっこ特有のちょこまかした動きに翻弄され、あっという間に息が切れます。
タッチ!
凍ったポーズをとり、この間に休憩しようという企みを悔しがる演技で誤魔化します。
大物の捕獲に満足して走り去る鬼。作戦成功と思いきや私を目がけて四方八方から子どもたちが爆走してきます。
タッチ!
10秒もしないうちに氷は溶けて再び走る羽目に陥るのでした。
余計なことを、という薄汚れた考えは
「ライ太郎くんママ、助けにきたよ!!!」
「逃がしてあげるね!!!」
と、善意100%で仲間の救出に向かう子どもたちの清い心によって吹き飛びます。子どもはかわいいです。

そんなこんなで常に走り回り、数十年ぶりに本気で取り組んだ氷鬼の感想は「しんどい」でした。

::::::::::::::::::::

時は遡り、平成の終わり。ライ子の学校公開に参加したときのことです。

土曜の体育で大人VS子どものドッジボール大会が行われ、ジャージ姿のパパとママが集まりました。低学年との試合とあって「軽く相手してやるか」と呑気に構えていた親に突き付けられたルールは利き手封印。大人は利き手を使ったら即アウトになり、もう片方の手でボールを取り・投げるというハンデを負うことに。
「えー」
保護者のブーイングを大卒2年目のヤングな担任は笑顔で無視。試合開始の笛を鳴らします。
ムキムキのパパでもヘロヘロのボールしか投げられなくなり、パワーバランスが均等になったことでゲームは白熱。利き手を使ってはいけないと分かっていても、体が勝手に反応して両手でバシッとボールを掴んでしまうのです。さらに柔らかいドッジボールはまるでビーチボールのようで、当たっても痛くない反面、取ったつもりがポヨンと跳ね返って落ちてしまいます。しっかり掴むためには左手と左肩、または左手と左頬でボールを固定しなければなりませんでした。

アウト連発で続々と仲間が外野へ行ってしまう大人チーム。そんな中、ボールをキャッチできた人は「うまい!」「すごい!」「神!」と周りから称賛を浴びます。外野に行ってしまったパパママたちも「いいぞ!」「当てちゃえ!」と声をかけてくれます。歓喜と興奮を共有し、自然と縮まっていく保護者間の距離。いざ反撃の狼煙を上げんと意気込んだところで、無情にも試合終了を告げる笛の音が体育館に響きます。
「えー」
まだやりたいと駄々をこねる保護者と児童。
45分間、本気で取り組んだドッジボールの感想は「超楽しい」でした。

子どもの学校行事に参加するのは億劫ですが、ときに素敵な思い出を作ってくれたりします。

2 / 2612345...1020...最後 »