クリエイティブな発想を
形にできる!

Profile

  • ソリューション事業部
  • プロダクトセクション 動画チーム
  • 松尾 一弘
  • 2020年入社

現在の仕事内容

動画クリエイターとして、主に学校の紹介動画を制作しています。動画の構成を考えるところから携わり、撮影、編集、案件のディレクションを担当しています。例えば、学校の施設全体を撮影する場合にはドローン撮影を、部活のシーンを躍動感ある映像にしたい場合には「ジンバル」をカメラに装着するなど、クオリティーの高い動画を目指しています。

松尾01

Q1仕事のやりがいを感じるときは?

担当営業からヒアリングした漠然とした動画イメージを、具現化し形にしていく作業にやりがいや面白さを感じています。加えて、前職では制作物を納品した後レスポンスが返ってくることがありませんでした。しかし、今はクライアントと常にお付き合いがあるため、反響をいただけることもやりがいにつながっています。

Q2所属チーム内の雰囲気はどうですか?

立ち上がってまもないチームのため2人と少数ですが、ドローン撮影時などは社長自ら現場に駆けつけてくれます。基本は1人で1つの案件を撮影から編集までを担当しますが、規模によって2、3人で撮影をします。なんでも言い合える雰囲気なので、アイデアを出し合うことができ、表現の幅も広がっています。
案件が多いので、コミュニケーションを密に取ることが不可欠。その点、お互いを尊重しながら業務を進められるメンバーだと感じています。

一日のスケジュール

10:00~
始業。撮影現場に到着後、担当者と打ち合わせをし、機材をセッティング、撮影を始めます。
13:00~
休憩を取りながら自宅へ移動します。撮影が1日になる場合もあります。
15:00~
メールチェックなどを行い、タスクを整理し、編集作業に入ります。
19:00
終業。案件が立て込んでいるときは残業でカバーしています。
松尾02

Q3入社の決め手は?

面接のときに社長からうかがった「教育業界の動画は、真面目で型にはまったようなものが多い。今までにないような、見ていてワクワクするカッコいい動画を作りたい」というお話に共感したからです。さらに、チームの立ち上げに携われることにも魅力を感じ、入社を決めました。

Q4お気に入りの制度や福利厚生はなんですか?

リモートワークです。自宅に編集作業ができる環境を整え、以前よりも生産効率を大幅に上げることができています。また、生活にメリハリがつきました。通勤の時間がない分余裕が生まれ、ランニングをする時間が取れるようになりました。編集作業が詰まっているときはひたすらPCに向かうので、体を動かすことでリフレッシュをしています。

Q5転職して良かったと感じることはありますか?

一緒に働くメンバーや上司の方々と、年齢、立場などに関係なく相談がしやすいことと、常に成長できる環境がとても良いと感じています。また、しっかりとした評価制度や、時短勤務や残業時間を上長と相談のうえ選択できる「選べる4つの働き方」のもと、安心して業務に集中できています。

入社を志望される方へのメッセージ

自分が提案したことも反映されやすいので、柔軟な発想を持った方、やる気のある方、入社をお待ちしております!

CASE

  • 企画開発事業部 メディア運営部
  • デザインセクション
  • デザインチーム
  • 望月 萌々子

CASE

  • ソリューション事業部
  • プロダクトセクション
  • ディレクションチーム
  • 吉田 賢二

CASE

  • ソリューション事業部
  • プロダクトセクション
  • 編集チーム
  • 金子 佳代子

CASE

  • ソリューション事業部
  • 営業部 第1営業セクション
  • 石井 敦子

CASE

  • ソリューション事業部
  • プロダクトセクション
  • 動画チーム
  • 松尾 一弘

CASE

  • HR事業部
  • 派遣紹介セクション
  • 派遣紹介チーム
  • 保坂 美樹