メンバーインタビュー

CASE 2

  • メディア事業部
  • システム開発セクション
  • Webエンジニア
  • 佐藤 尚孝

メーカー業、流通業でプログラマ・SEとして15年のキャリアを持つベテランエンジニア。Web、スマートフォンアプリなど幅広い開発経験を持つ。インターエデュに入社後は、インフラ改善やUI向上のプロジェクトを多く受け持っている。

専門職としての自分を拡張したい

プログラマ・SEとしての職歴が長く、現在15年くらいです。

それ以前のキャリアでも一貫して専門職として仕事をしてきました。実はサウンドエンジニア、Webデザイナーとして働いていた過去もあります。

前職は、流通・物流の企業で、自社業務に関わる基幹システムなどの自社開発を担当していました。
開発した機能が、ダイレクトに業務改善につながって周囲が喜んでくれることがモチベーションとなって、「さらにこのような改善はどうか? もっとこうしたら良いのではないか?」と企画を行い、それを実行に移す…というサイクルで仕事をしていました。

エンジニアにはよくある話だと思うのですが、成長してステージを上げていくと、さらにその殻を破りたくなるものです。つまり、新たな技術や新たな業種経験を前のめりに得ていきたいという気持ちが生じます。

そういった思いから転職でステージを変えようと思いました。自分は専門家だという誇りを持ちつつ、その専門性の幅を拡張していきたいと考えたのです。

フルスタックエンジニアリング

私には、転職先を決める上での条件が3つありました。
ひとつは具体的ですが「AWSなどのlaaSでの運用・開発ができること」。ふたつ目は「これまで携わってきた物流以外の業界であること」です。そして最後は「エンジニア自ら物事を企画でき、その提案を聞いてくれる体制であるか」でした。

なかなか3つに適合するとなると条件が厳しくなるのですが、これにインターエデュは合致しました。

入社後もおおむねその通りです。「システム運用とサービスの新機能開発」をうまくバランスしながらフルスタックな仕事ができていると感じます。

午前中にはサーバーのログで稼働状況をチェック。問題があれば原因の把握と対策をします。
日々の運用だけでなく、安定稼働のリスクとなり得る部分を先回りして抽出し、サーバの設定変更やプログラムのリファクタリングをします。規模が大きくなればインフラの見直しをプロジェクト化することも。

だいたい午後は新機能の開発がメインです。マーケターや周囲のエンジニア、デザイナーと議論を重ね、良いサービス提供のためのUIを検討し実装していく。今の所、受け持ったプロジェクトがすべてKPIに対して良い影響を与えており、自信にもつながっています。

仕事への姿勢や取り組み方に賛同できるか

もちろん必ずしも私と同じような志向ではなくても問題ありません。現にインターエデュにはいろんなエンジニアがいますし、皆、それぞれの個性を発揮しながら仕事をしています。

目的は別に何でも良いと思います。
「働く」を通して得たいこと自体は、エンジニア本人のバックボーンや年齢などによってそれぞれで、異なって当然ですから。

でも、インターエデュで働くなら「仕事への姿勢や取り組み方」へはフィットしていたほうがいい。そのほうが馴染むと思います。

言われた通りやるだけではなく、その先の課題解決にまで意識を向けられるかや、もっといいやり方があるのではないかと思考を巡らせることができるか。この辺りはインターエデュで働くなら意識があると、より楽しんで仕事ができるのではないでしょうか。

また、残業時間も少ない風土ですので、有限な時間のなかで生産性を高めたい方、そして社員数がまだ少ないため、自らの役割を限定せずに幅広く仕事がしたいという方には向いていると思いますし、私もそういう方とご一緒できるとうれしいですね。

CASE 1

  • ソリューション事業部
  • スクールコンサルティングセクション
  • 元山 翼

CASE 2

  • メディア事業部
  • システム開発セクション
  • Webエンジニア
  • 佐藤 尚孝

CASE 3

  • メディア事業部
  • デザインセクション
  • webデザイナー
  • 望月 萌々子

CASE 4

  • メディア事業部
  • 編集セクション
  • webディレクター
  • 佐藤 玲奈