メンバーインタビュー

CASE 1

  • ソリューション事業部
  • スクールコンサルティングセクション
  • 元山 翼

2016年11月入社の学校広報コンサルタント。前職の営業経験をフルに活かし、インターエデュ入社わずか1年でベストセールスを記録。柔軟な発想と物事の本質をとらえるコンサルティングで、多くの学校機関から信頼を得ている26歳の若手メンバー。

長く、深く、関係づくりができる環境

大学卒業後に新卒で入ったのは、企業のホームページ制作を行う会社、そこでの営業職でした。

「この先Webマーケティングの重要性は増していく一方だろう」という考えから、まずは営業という現場の第一線で、使える知識をバリバリ育てていこうと思っていました。

毎日ずっと、テレアポと呼ばれる電話営業を300件ほど繰り返し行いながら、同期と切磋琢磨して営業成績を競い合い、とにかく脇目も振らず働きました。

しかし、ほとんど商談には参加できず、電話だけを続ける毎日が半年ほど続き、徐々に『入社当時に自分が持っていた成長イメージ』とのギャップが大きくなっていったのです。

「電話で商談を取り付けるだけではなく、もっとその先の営業責任を負いたい。若い今だからこそ、そういう経験をもっとしなくては。」

新卒半年の私を採用してくれる会社が本当にあるか、とても不安でしたが、「いま環境を変えなきゃダメだ」という思いで転職を決め、たくさんの採用試験を受けました。

そのなかのひとつが、このインターエデュでした。

面接で説明された「担当するお客様と長く、深く、関係づくりができる。」という点に惹かれ、入社を決意したのを覚えています。

自分の成長を、待っている人がいる。

実際に入社して驚いたことは、「長い目で成長を待ってくれる」という周囲の暖かさでした。

新卒で入った会社を半年で辞めて転職してきた、ビジネスマナーもままならない未熟な自分。
そのわりに、思ったことは何でも意見してしまう生意気な自分。そんな私に対しても、先輩は暖かく指導してくれました。ときには肯定し褒めてくれ、ときには間違いも熱意をもって正してくれました。

自分の成長を、待っている人がいる。それってとてもパワーになります。
その優しさに甘えるのではなくて、最速で期待に応えなければとも思えました。

そんな風に仕事をして数ヶ月、驚くことが起こりました。
とある学校様から「来期の広報企画はまるごと元山さんにお任せしますよ。」と責任重大の大役をいただいたのです。

本当にうれしかったです。私に信頼を寄せていただいたに他ならないお言葉でしたから。

でも。
そのあと浮かんできたのは、とてつもなく大きな「不安」でした。
こんな重責、もし失敗したら…。今の私は本当に期待に応えられる器なのか…。

不安を打ち消すために、とにかく考え抜きました。どうしたら成功するか? この学校の真の魅力はどこか? それを届けるべき人は? その方法は…。

最適だと思える新しい切り口の企画をプランに加え、それを社内のディレクターと二人三脚で、軌道修正を繰り返しながら計画を遂行しました。

結果として、その学校様の受験者数は前年比143%という大躍進。学校の先生に「プランニングのおかげだね、元山さん。」と言葉をかけていただきました。

そのときは喜びや自信という感情より、なんとか信頼を裏切らずに済んだという安堵する気持ちが勝っていましたね(笑)

今の知識よりも「素直さ、真面目さ、勤勉さ」

この会社に入って、さまざまな経験をして、さまざまな方々に支えられ、仕事に対する考え方は、ずいぶんと変わりました。

「元山は本当に考え方がクールだね」なんて、学生の時によく言われていましたが、いまでは、情熱を持って仕事にとりくむ自分に出会えている気がします。

私がこの仕事にとって重要だと思っているのは「素直さ、真面目さ、勤勉さ」の3つ。
カッコ良くもない当たり前な表現ですが、これらがクライアントに信頼され、信頼に結果で応えるために、もっとも大切な基礎要素だと思います。
嘘をつかない、約束は必ず守る、コツコツと目標に向かって努力を積み重ねられる。そのような、まっすぐに前を向いて進むことができる方と刺激しあって一緒に働きたいです。

そういう心持ちであれば、今の実力や知識なんて関係なくご活躍されることと思います。まだ見ぬチームメイトの方、お会いできるのを楽しみにしています!

CASE 1

  • ソリューション事業部
  • スクールコンサルティングセクション
  • 元山 翼

CASE 2

  • メディア事業部
  • システム開発セクション
  • Webエンジニア
  • 佐藤 尚孝

CASE 3

  • メディア事業部
  • デザインセクション
  • webデザイナー
  • 望月 萌々子

CASE 4

  • メディア事業部
  • 編集セクション
  • webディレクター
  • 佐藤 玲奈