働くママのブログ

お昼休みにマスクを手作り!

2020-03-11 10:15

はじめまして! のち と申します。
中3の息子の母です。
高校受験がひと段落したと思ったら、コロナ休校になってしまい、息子は家でごろごろ。
散らかり放題の家の掃除と、昼ご飯作りが日々のタスクに加わり、毎日バタバタしています。

「手作りマスクで新型コロナ肺炎をぶっとばせ! ランチ講習会」に参加しました

新型コロナウイルス、怖いですね!
花粉症でもマスクはつけたくないくらいマスクは苦手な私ですが、流石にちゃんとつけています。
ちなみに、その昔、新型インフルエンザが流行った時に買って、そのままになっていたマスクをチマチマと使っていたのですが、家族で使っていたら流石になくなります。でも、まだまだマスクは品薄ですよね……。

ということで! 先日会社で行われた手作りマスク講習会に参加しました。

社内にこんな部活もあるインターエデュです。

久しぶりのお裁縫は……?

最近は、子どもが学校に持っていく雑巾ですらコンビニで買える便利な時代。
なんで、裁縫自体、久しぶりです。

型紙と作り方。洋裁が趣味のエデュママ社員が、いくつかの型紙を参考に初心者向けにアレンジして作ったそうです。

講習会の様子。みんな和気藹々です。

結果的には、雑な並縫いだけで、マスク、できました!!

裁縫久しぶりでもできました!

ちゃんと型紙を使う立体マスクと、長さ90センチ位の布を2つに切って折って縫うだけの厚手マスクを習いましたが、どちらも不器用でも何とかなるし、家に余っている布と、100均で売っているゴムだけでできちゃいます。
時間も30分位? でできるかと。

今回挑戦したマスクの作り方については、
近日中に弊社サイトエデュナビでも公開されるようです。

3/13追記:記事が公開されました! ぜひご覧ください。

並縫いだけでできてしまうので、家で親子で作っても楽しいかもです。
マスクが嫌い! というお子さんでも、好きなキャラクターの布で自分で作ってみたら、喜んで着けてくれるのではないでしょうか。
それから、保育園などで、みんな似たような白いマスクを着けていると、他の子のものと間違えて着けてしまい、それが風邪などに感染する原因になってしまう……という話も聞いたことがあります。
手作りマスクなら、柄が違うので、他の子のマスクと間違える心配はご無用!
そういった意味でもお勧めできると思います。