働くママのブログ

習い事の玉突き事故?!

2019-12-18 08:00

こんにちは。
間もなくやってくる子どもの冬休みが怖い、プログラミング教室EduTechSchool講師のSです。
今回は、子どもの習い事が玉突き事故のようなかたちで、自動的に整理されちゃったという話をします。

さて、子どもの習い事。皆さん、どうされていますか?
特に小学校低学年の習い事って、「あれもやらせたい」「これもやらせたい」って、気づいたら結構詰め込んじゃいますよね。

うちには、小3と小1の女子がいます。
お姉ちゃんは、そろばん、ピアノ、バレエ、水泳、オンライン英会話と、気がついたら目いっぱい詰め込んでしまっていました。
そして、本人もなんの迷いもなくそれらをサクサクとこなしてくれていて、それが普通だと思ってました。
ところが、小1の妹は、いつも嫌なことは一切しない、ワガママ女子です。

いつもは可愛い娘です!

妹には、そろばん、ピアノ、水泳、オンライン英会話をやらせていました。
以前からその兆候はあって、水泳を嫌がっているのを無理やり通わせていたのですが、だんだんと休みがちになり、行かなくなってきました。
そこで思い切って水泳をやめ、パパがやらせたがっていたテニスを始めました。
ところがテニスは何か気に入らなかったのが、1か月くらいで行かなくなり、その勢いで「もう行きたくないものは行かない!」と決めたらしく、母としては一番続けてほしかったそろばんを、5級のテストに落ちたその日を最後に、もう嫌になってしまったらしく、こちらも行かなくなってしまいました……。


 
テニス、水泳は、まあいいんです。
でも親としては、そろばんだけは、算数の成績に直結するので、どうしても続けてもらいたかったのです。
いろいろなだめたり、おだてたり、説得したりしたのですが、頑として聞かず……。
とうとうそろばんも自然淘汰されてしまいました。

水泳→テニス→そろばん という玉突きで、
ちょっと前までは想像すらしていなかった事態、
大事なそろばんが整理されてしまうということになってしまいました!!
親としては大ショックです。

もともと1年生の娘に詰め込みすぎといえば詰め込みすぎだったので、すっかりきれいに整理された習い事。
ピアノと、さぼりがちなオンライン英会話、そして抽選に当たった区主催のバレエ教室には行くとのことで、ほどよい量に収まりました。
本人は全く気にせず、楽しくやっています。

まあ、それでよかったのかな? とも思い始めたのですが、理数系のものに少しでも触れてもらいたいというのは、まだちょっと狙っていたりして。
「プログラミングでもやってみる?」と声をかけたところ、「やってもいいかな?」なんて言っていたので……。
本人の気が向いたら、またいろいろ試してみたいと思っています!