働くママのブログ

サンタさんにお願い☆

2019-12-09 09:18

お久しぶりです。みきやまです。

ここ最近、子どもたちが交互に発熱やら怪我を繰り返し、仕事を休んでばかりの私。
(皆さま、本当に申し訳ありません!!)

週末は2男児の相手に疲弊し、何故か月曜の朝は肉体的に1番疲れている私ですが、死ぬほど息苦しい通勤電車内でさえ、1人になれる有難い時間と感じるほどです。

会社の企業理念である、
〜未来のこどもたちへできること〜
を心に刻み、いざ仕事へ出向くと、日本の子どもたちの未来の幸せを願い(やや大げさ?!)、様々なエリアを営業として駆け巡っています。

ある日の万歩計アプリ。これでも少な目なほうです!

多いと2万歩近く歩く日もあり、かなり健康的な職種……なはずが、なぜか春に買ったパンツが履けなくなり、
最近話すことの楽しさを覚えた2歳の次男から、
「ママ、ぶたさんになったの〜?」
と毎日聞かれる始末。

来年から新1年生になる長男は、何事にも興味を示し、思ったことや疑問をすぐその場で投げかけてくれるのに、
自分の作業を止められず、
「ちょっと待って!」
ばかり言ってしまう私。

天才男児3人を育てたというアグネスチャンさんがテレビで、
「子どもから質問を受けた時は、
青椒肉絲(チンジャオロース)のピーマンが黒く変わってしまおうとも、その場で火を止めて全てを聞き入れるんです!!」

と話すのを観て猛省。

仕事と育児と家事のバランスを考えると正解に辿り着かず、悩みは尽きませんが、
兄弟が次から次へと
「ママあのさ、クリスマスは仮面ライダーの〇〇と△△とサッカーボールと自転車で良いからねー」
(↑やたら多いな……)

「ボクは白バイだよー」
(↑意外とシンプル安上がり!)

「保育園の演劇ごっこは桃太郎やるのー」
(↑オイオイ、それって主役じゃないの? 休み取らなきゃ! もっと早く言ってくれー)

などなど話しかけてきたときは、
まず受け入れ、なるべく手を止め、
「教えてくれてありがとう」と言うことにしました。

余裕なくガミガミと怒ってしまった日も、
「たからもの1号(長男)2号(次男)よ、
生まれてきてくれてありがとう」
と抱きしめてから眠るようにしています。

頭の中で、洗濯物畳まなきゃ……、ゴミまとめなきゃ……
等などと脳内に残ったタスクを並べながら、
子どもたちと寝落ちしてしまい……翌朝降り出しに戻って戦争スタートです!!笑笑

寝なくてもお肌も身体もピンピンだったあの頃の若さが欲しい……
横から見た姿が前から見た時と変わらない程、蓄えてしまった贅肉よ消え去れ……

我が子同様、無茶振りなお願いをサンタクロースに願う、みきやまでした。