働くママのブログ

小学生、いざこざ

2019-11-20 14:49

こんにちは。花まるです。

さて、最近、ちょっとしたいざこざがありました。
今回はたまたま気が付きましたが、こういうことはよくあるのか……。

娘がお友達の悪口を、言った、言わないという話をめぐり、
学校の帰り道に友達に囲まれ「謝れ!」と言われる事態に。

何気なく悪口を言ったことについて、
本人に伝えた子、取り巻き、本人の3人に囲まれ、寄ってたかって責められたため、娘は本当にびっくりしたそうです。

もちろん、悪口を言った娘が悪いのだろうとは思いますが……。

結局、通りかかった近所の大人が助けて、教えてくれたため
私も知ることができました。
お友達ともその後、落ち着いて話をし、無事仲直りをしました。

仲が良いから出たちょっとした言葉、
今回は「○○ちゃん、ドジだよね」だったのですが、
そもそもこれって悪口なのか??

実は別の理由があって「謝って」という事態になったのではないか……とも勘繰ってしまいます。
また、「悪口」を本人に伝えた子の意図は何だったのでしょう?

ただ、帰り道に突然別れ際に3人で取り囲むという行動には「いじめ」の予兆にも思え、
正直怖いと思いました。

内容と理由が……。
「謝って!」と何度も言われた、という点には思わず笑ってしまったのですが、子どもたち同士は深刻な顔をしていました。

いったんは落ち着いたものの、ちょうど大人と子どもの間のアンバランスな思春期にさしかかったのかな? とも思いました。

本来は子どもたち同士で解決すべきこと、としたいことも
大人が介入する必要があるタイミングなのかもしれません。

空気の読めない娘。空気を読んで引くときは引く。
大人になれば、相手を理解し多少、言ってよいタイミングとダメなタイミングに気づくことができるようになるのかな……?

こればかりは教えられない、自分で体験して学ぶことなので、見守りたいと思います。