働くママのブログ

大切な3時間

2019-11-08 15:53

こんにちは。友近です。
鬼編集長にブログ更新をせかされたものの(軽い鬼レベルですのでご安心を)、特にネタもなく、ゆる〜い内容にて失礼いたします。

友近、再び働き始めて半年が経ちます。チビ子の感染症洗礼も落ち着き、「最近は保育園呼び出しが少なくなりましたねー」と、超絶理解ある上司に言われた今日この頃です。
ふと振り返ると、それなりに大変ではありましたが、刺激的な毎日です。帰宅後に旦那と話す内容も、「あの芸能人が誰と付き合っている」のようなワイドショー的な内容から「先端教育について」に変わり、家族3人で酌み交わすノンアルコールビールも味わい深くなりました。
さて、今回は帰宅直後から寝るまでの怒涛の3時間の記録をお届けいたします。(←個人的にやれよ! の声が……笑)


19時 帰宅
脱いだ靴を揃え、その中に靴下を丁寧に入れる。(保育園様さま)「おうち、ちゅいたら、手ってあーらーうー。」の宣言は何処へ?? メルちゃんに帰宅の挨拶へ向かう。
私「ママ、手って洗っていー子ねー」と、自分の頭を撫でながら、チラ見するが、無視。
「あっ!見て!大変!これ何ーんだ?」の意味不明な演技に引き寄せられて、ようやく洗面台へ来るちび子。
踏み台へ乗せて、ゴーシゴシ♪の歌を2人で歌う。
仕事の服から着替える間は、ストッキングが気持ちよいのか、お尻を撫でまわして笑顔である。

19:10 夕ご飯準備
週末に食材は切って袋に入れてあるので、炒めたり煮たりするだけ。極力まな板を洗いたくないので、手で野菜をちぎるという荒業。(ズボラ具合がバレましたね……恥)
昨夜はトイ○ラスで買った、段ボールのくまさんハウスでメルちゃんやらアンパンマン達を連れてごそごそ動いているのを横目に、豚汁(全ての栄養とれるので、ヘビロテ)に火をつけて、煮物をチンして、キャベツ、人参、生姜、きのこの入った袋をフライパンに投入。お肉も投入。蓋して蒸し焼き! なんちゃって生姜焼きの完成。
が、その時! くまちゃんハウスから声が! 「ママ〜、う○ち出た〜」(何故今? 何故ここで? は、あるあるですよね)

19:30 2人で夜ご飯
椅子に座ったチビ子は「とりあえず枝豆」を鞘から器用に取り出して食べ始め、場をつないでいる。まるでサラリーマンのようである。少し冷ましておいた豚汁やおかずを並べ、ノンアルコールビールと牛乳で「パンカーイ!」を3度強要。(早く飲ませてくれ。)食事は楽しいものであってほしいので、保育園ノートを見ながら、「今日は公園で砂遊びしたのね」とか、「今日はお昼寝たくさんしたのね、かっこいー!」など、褒めたり楽しい話題であったりするようにしている。
最近は何でも「じぶんでやーるーのー」なので、スプーンに大好きなキノコを手で乗せて食べ始め、嫌いなお肉はテーブルに並べられる。私、その肉も食す。(だから痩せないのか、合点!)
ちなみに、垂れた汁などは丁寧に手で伸ばして無かったことにしてくれる。その手を拭くこと十数回。すぐにテーブルは「万能お尻拭きの山」と化す。

20:00 食後
「ママ、メルちゃんで遊びましょっかぁ」(来たぞ! 無限メルちゃんごっこのお誘い。)
ママはお洗濯たたんでいるから、と濁す。
すかさず、「あーそんでー!」と嘘泣き始めるぞという顔で迫ってくる。
仕方なく裏声でメルちゃん役を演じ切る。
最近のちび子は風邪気味の演技にハマっているようで、何度も腕に注射されるメルちゃん。
いつも移動は髪の毛鷲掴みにされるメルちゃん。
どんな時も洋服脱がされているメルちゃん。
心からありがとうと言いたい。
この時間くらいがちび子とゆったりと向き合える時間なので、極力スキンシップを心がけ、一緒に遊んで笑い合う。

20:30 お風呂
バスボムの中身が見えるまでのわずかな時間に自分の頭を洗う。
モンスターズインクの緑の目玉のようなキャラクターばかりが出て、ちび子も「めだま、でたー!」と、「人生は思うようには行かない」ということを学ぶ。

パパ帰宅。
浴室の扉越しに、今晩のおかずを確認する声が聞こえてくる。
温めて食べているようだ。
体を拭き終えて走り出すちび子をパパが追いかけ、オムツ装着。
「ジャパマくーだーしゃい」と、お気に入りの消防車のパジャマを選んでくる。
女子力高めであるのか、お洋服には拘りが強い。肌寒くなってもアンパンマンの半袖パジャマは根強い人気のようである。

21:30 最後の難所 歯磨き「ハーミー」
食後ソファーで寛ぐパパを横目に、私は寝る準備を始める。
歯磨き、ドライヤー、明日の保育園用意、オムツに名前書き。
すると、パパがいそいそと皿を洗い出す(皿洗いはパパ担当です)。
そこそこ育メンのパパであるが、ちび子の歯磨きだけはやりたくないよう。
どんなに忙しく私が動いていても、ハーミーさせないでテレビを見ている日には正直イライラ。
この時間帯は、より効率良く時短で仕事をこなし、ちび子に早く寝床についてもらうのが目的なので、部屋の一往復だけでマルチタスクをこなす。
最後のパワーを使って歯磨きハーミーの始まり。
歯磨きを隠しながらちび子に近寄り、逃げ暴れる手を足で押さえて、お口をあーん。
電動歯ブラシの如く、素早く、しかし丁寧に磨きあげる。
先日、息を止めて集中している自分に気付き、少し笑けてきたりして。

22:00 おやすみなさい
世間ではもっと早めに寝かせているだろう。
色々なご意見があると思うけれど、全てのバランスを取った結果であって、それはそれで良しとすることにしている。
ベッドに入って、ひそひそ小声で「今日さ〜、保育園でリトミックしたのー?」小声で「うん。」と答えるチビ子。「楽しかったー?」「うん、○ちゃんと、●ちゃんと、したのー。」
いっぱいハグして、チューして、嫌がられて、の繰り返しをして寝たふりをしていると、チビ子もすやすや眠りに。
幼子の寝顔を見ながら、皆さんは毎晩何を思うだろうか?
「感情のまま怒ってごめんね」
「早くお迎え行けなくてごめんね」
「今日も幸せだなあ」
「世界で一番大好きだよ。」
沢山の言葉をチビ子に投げかけ、「愛おしいという気持ち」を再認識する瞬間。

「18歳で子育ては終わり!」としている我が家にとって、残された時間はあと16年。早い、早すぎる。もっとこの大変な愛おしい時間をじっくり味わいたいものである。


以上、どうでもよい内容で、失礼しました。