働くママのブログ

インターエデュの働き方

2019-08-26 15:28

はじめまして。一歳の娘をもつ「下関」と申します。

暑い日が続きますが、いかがお過すごしでしょうか。

水遊びしている写真

暑い日に水遊びをしている娘。

 

さて、暑い夏の東京オリンピックに向けて、テレワーク、リモートワーク、フレックス制など様々な働き方に関する情報が報道されていますが、ここインターエデュでも導入されています。私がインターエデュの入社を決めた理由の一つにこの柔軟な働き方があります。
現在、時短勤務制で働く私は、実動6時間フレキシブルに時間をスライドさせて働いております。つまり、始業が8時の場合、午後3時に終業することができます。
これは小さな子どもがいる母親としては有り難い!朝の保育園の送りは夫に任せることができる我が家としては、私の勤務時間は朝の出勤が早くなろうとも、早い時間に退勤できるのは都合がいいのです。娘が熱っぽくても保育園の帰りに小児科に寄って次の日の病児保育の予約を取ることができます。その日の晩御飯の買い物もすることができます。

娘とカフェに居る写真

仕事帰りに子どもとお茶することも夢じゃない!

 

ただ、私の仕事は体力勝負。千葉県の私立学校に訪問したり、大学付属校に訪問したり、学校に訪問しインターエデュのご提案・ご案内をする仕事をしています。猛暑の中、学校から学校への移動は経産婦の身体に堪えます。インターエデュではクールビズを推進してますので、夏はノーネクタイ、ノージャケットで働くことができます。私は半袖シャツに8部丈パンツ、日傘を差して頑張っております。
夏の日差しで体力が消耗させれており、家に帰り、夕食を用意して娘に食べさせ風呂に入れ寝かしつけていると一緒に寝てしまうこともしばしば。それでも上手く寝かしつけをすることができれば、夫と晩酌することができるのでインターエデュの働き方改革には感謝です。

最近は夫と娘の将来の教育について語り合いながらお酒を酌み交わしております。グローバル教育大学進学について話していると話が尽きません。そして宴もたけなわになったところで娘の夜泣きが始まるので第二の寝かしつけをしながら床につきます。

こうしてハードな1日を終えるのでした。おやすみなさい。。