開発ブログ

> > > laravel(v5.3)のインストール~初期設定

laravel(v5.3)のインストール~初期設定

2016-11-16 20:27 - hagiwara

こんにちは。開発担当の萩原です。
先日、「laravel」というフレームワークを使ってAPIのようなものを実装いたしました。
今回はその際のインストール~初期設定についてまとめたいと思います。

なお、困った時のマニュアルはこちら
公式マニュアル
日本語翻訳(laravel)

インストール

サーバ必要要件

laravelを動作させるためには下記の要件を満たしている必要があります。
– PHP 5.6.4以上
– OpenSSL PHP拡張
– PDO PHP拡張
– Mbstring PHP拡張
– Tokenizer PHP拡張
– XML PHP拡張

依存パッケージの管理に「Composer」を使用しているので、
Composerが使えるようになっている必要があります。
上記の条件を満たしておりましたらインストールを開始します。

laravelをインストール

.composer/vendor/binのパスを通してから、
以下のコマンドでComposerでLaravelのインストーラを
ダウンロード・インストールします。

インストーラのインストールができましたら、
以下のコマンドでlaravelをインストールします。
“inter-edu”の部分は任意の名前で結構です。

これでlaravelのインストールは完了です。

設定

ファイル・ディレクトリについて

  • .env:環境設定ファイル
  • app:モデル置き場
  • app/Http/Controllers:コントローラ置き場
  • app/Http/Middleware:ミドルウェア置き場
  • config:設定ファイル置き場
  • public:ドキュメントルート
  • resources/lang:翻訳ファイル置き場
  • resources/views:ビュー置き場
  • resources/views/layouts:レイアウト置き場
  • routes:ルーティング置き場
  • storage:laravelのログ置き場

よく使うのはこのあたりになるかと思います。
storageには、キャッシュドライバやセッションドライバを
fileに設定した際に必要なファイルも作られます。

ディレクトリ権限の設定

以下の2つのディレクトリの権限をwebサーバが書き込める権限に変更します。
– storage
– bootstrap/cache

.envの設定

まず、.env.exampleをコピーしてして.envにリネームします。
その後、
– APP_KEYを設定。公式マニュアルによると32文字が推奨です。
– DBの接続先の設定
– キャッシュドライバの設定 例)CACHE_DRIVER=apc
– セッションドライバの設定 例)SESSION_DRIVER=apc

セッションドライバーについて
array以外のドライバーであれば何でも良いと思われますが、
セッションを有効にしないとフォームのトークンやデータの受け渡し、
フラッシュデータなどが使えないので注意が必要です。

キャッシュとセッションについての詳細はこちら
https://laravel.com/docs/5.3/cache
https://laravel.com/docs/5.3/session

各種設定

configディレクトリに各設定ファイルが入っていて、
database.phpやsession.php、cache.phpなどがあります。

ローカライズの設定

configディレクトリのapp.phpで設定できます。
“timezone”や”locale”を設定します。
翻訳ファイルは resources/lang ディレクトリ配下に設置します。

例)バリデーションメッセージを日本語化する場合
app.phpの”locale”に”ja”と設定し、resources/langに”ja”というディレクトリを作ります。
そのディレクトリにvalidation.phpという翻訳ファイルを設置します。

翻訳ファイルについての詳細はこちら
https://laravel.com/docs/5.3/localization

これで基本的な設定は完了です。

ルーティング

ルーティングの話になると、laravelの設定からは
少し外れてしまうのですが紹介させていただきます。
ルーティングのファイルはroutesディレクトリに入っています。
webインターファイスのルーティング設定はweb.phpに記述します。
記述の方法はたくさんあるのですが、基本の形は

となります。

例)ユーザの新規登録画面の場合

こんな感じなるかと思います。

ルーティングについての詳細はこちら
https://laravel.com/docs/5.3/routing

以上となります。ご参考となりましたら幸いです。