2020年03月

2019年度、買って良かったもの☆

2020-03-31 12:30

こんにちは。
「終わり」という感慨にもあまりひたれないような状況のまま、2019年度が終わろうとしていますね。
残念ながらあまり明るい話題が多くない今日この頃ですが、少しでも楽しいことを考えていきましょう! ということで、2019年度最後の働くママのブログは「2019年度、買って良かったもの☆」特集です。
さあ、行ってみよ〜!!

花まる


イッタラのグラス


ビールもジュースもデザートも美味しそうにみえる。


緑茶


ポケモンデザインの子ども用電動歯ブラシ


ポケモン好きな長男がドラックストアで見つけおねだり。値段も張るのでしぶしぶ購入。でも、疲れ切った夜に仕上げ磨きをするにはらくちんで重宝してます。長男次男とヘッドを替えて使えるし、買い替えもそんなにしなくて良さそうなので、わが家にぴったりでした。


つくね


時短レシピ本
(つくりおき食堂まりえさん、山本ゆりさんら)


子どもが大人と同じものを食べられるようになったので、帰ってきてすぐできるレシピを重宝。もともとSNSで見ていた方たちだけど、本の良さを実感。さっと広げて一目で材料別メニューを探せることの便利さよ。
ま、いろいろ作っても結局食べないんだけどね!


ライ太


くもんのスタディ将棋


保育園にあり、子どもがみんな夢中になって将棋を指していたので真似して購入。

友近


メルちゃんコタセラのシャンプー


メルちゃんは、情操教育、しつけ、言葉遣いなど、さまざまな面でご活躍いただいていて、我が家のメンバーであること間違いなし!
後者は、リアルに頭皮の加齢臭を消滅させてくれるレベルの殺菌力。少し高価ですが買う価値あります。


P子


MacBook Air


薄紫色のシェルカバーをつけて、毎日のように愛でています。この世でいちばん好きなソフトがIllustratorなので、やっぱりWindowsよりMacの方がストレスなくAdobeソフトを使えますね! 今のところ、最大の用途はPTA広報誌やら年賀状やら社内イベントの告知チラシやらです(笑)。


みきやま


食洗機Panasonic RULO


引っ越しを機に購入。
良かったことは、夫は平日休み、私は週末休みのため、すれ違いの生活だった我が家に、夫婦で晩酌したり、一緒に映画を見る時間を作ってくれたこと。
ルーロのスイッチonでひととおり床の掃除が完了。
床はルーロに任せている間に他の家事ができる、外出前にスイッチonで帰宅したら床がきれいに。
ルーロを稼働する為に床の物を一通りあげなくてはいけませんが、子どもたちは「ルーロくんにおもちゃを食べられる!!」と慌てて片付けしてくれます。欲を言えば、ブラーバ(床水拭きロボット)も欲しい(笑)。


秀鈴


GOKUMIN マットレス(防水加工スペアカバー付き)


ぐっすり眠れるようになりました。
防水カバーはそんなに必要ないかな〜とも思いましたが、一緒に寝ている飼い猫がベッドの上で吐いてしまったときは、防水カバーでよかった! と思いました。


S


食洗機


今まで手洗いしておりましたが、時短のため購入。もう手放せません!!


やまこ


空気清浄機


花粉症の時期に快適な空気を……と思いましたが、家で過ごす時間が長い最近、本当にこれがあって良かった!! と感じています。


のち


マッサージ機


完全に衝動買いでしたが、おかげで週3で通っていた接骨院通いから解放されました! 医療用でちょっと高かったので、周りからは散々ネタにされましたが、元は取れたはず!



いかがでしたか?
そして皆さまの、「2019年度、買って良かったもの☆」は何だったでしょうか?
何気ない日常のちょっとした幸せを振り返って、どんな状況でも、前向きに生活していきたいものですね。

学校行事

2020-03-25 09:00

こんにちは。ライ太です。小学生の娘(ライ子)と保育園に通う息子(ライ太郎)がいます。
今回は学校公開(授業参観)について。

コロナが世界中を騒がす前の平穏な冬のある日、有給休暇を取得して保育園に行ってきました。
ライ太郎の園には保育園での生活に参加できる行事があり、日を分けて1~2名の保護者が朝から昼まで子どもたちと一緒に過ごします。参観ではなく参加なので、部屋の隅で見学するのではなく、保護者は子どもと一緒に並んで先生の話を聞き、歌い、踊り、遊びます。

日々の送り迎えで交流を深めているので、子どもたちは誰の親が来ようと大歓迎・大興奮。
登園した途端、子どもがわっと寄ってきます。

「今日さ!公園行くとき手をつなごうね!絶対ね!!!」
「あのね!●●ちゃんね!昨日転んで血が出たんだよ!!!」
「さっきね!クマの絵描いたんだよ!見て!ねえ見て!!!」
「▼▼ちゃんね!新しい水筒買ってもらったの!見せてあげるね!!!」

朝からテンションMAXの呼びかけに、つられて「そうだね!!!」「すごいね!!!」「嬉しいな!!!」「わあ可愛い!!!」と同じテンションで返答し、滞在5分で疲労を感じます。

その後、近くの公園で氷鬼をすることに。保護者は選択の余地なく参加です。
氷鬼とは、鬼にタッチされたらその場で止まり(凍り)、味方のタッチによって再び逃げることができるという鬼ごっこの一種。保育園独自ルールにより、タッチされた人は両腕を伸ばし、合わせた掌を天高く掲げるポーズをとります。

氷鬼が始まりました。力走する鬼から必死で逃げる私。ちびっこ特有のちょこまかした動きに翻弄され、あっという間に息が切れます。
タッチ!
凍ったポーズをとり、この間に休憩しようという企みを悔しがる演技で誤魔化します。
大物の捕獲に満足して走り去る鬼。作戦成功と思いきや私を目がけて四方八方から子どもたちが爆走してきます。
タッチ!
10秒もしないうちに氷は溶けて再び走る羽目に陥るのでした。
余計なことを、という薄汚れた考えは
「ライ太郎くんママ、助けにきたよ!!!」
「逃がしてあげるね!!!」
と、善意100%で仲間の救出に向かう子どもたちの清い心によって吹き飛びます。子どもはかわいいです。

そんなこんなで常に走り回り、数十年ぶりに本気で取り組んだ氷鬼の感想は「しんどい」でした。

::::::::::::::::::::

時は遡り、平成の終わり。ライ子の学校公開に参加したときのことです。

土曜の体育で大人VS子どものドッジボール大会が行われ、ジャージ姿のパパとママが集まりました。低学年との試合とあって「軽く相手してやるか」と呑気に構えていた親に突き付けられたルールは利き手封印。大人は利き手を使ったら即アウトになり、もう片方の手でボールを取り・投げるというハンデを負うことに。
「えー」
保護者のブーイングを大卒2年目のヤングな担任は笑顔で無視。試合開始の笛を鳴らします。
ムキムキのパパでもヘロヘロのボールしか投げられなくなり、パワーバランスが均等になったことでゲームは白熱。利き手を使ってはいけないと分かっていても、体が勝手に反応して両手でバシッとボールを掴んでしまうのです。さらに柔らかいドッジボールはまるでビーチボールのようで、当たっても痛くない反面、取ったつもりがポヨンと跳ね返って落ちてしまいます。しっかり掴むためには左手と左肩、または左手と左頬でボールを固定しなければなりませんでした。

アウト連発で続々と仲間が外野へ行ってしまう大人チーム。そんな中、ボールをキャッチできた人は「うまい!」「すごい!」「神!」と周りから称賛を浴びます。外野に行ってしまったパパママたちも「いいぞ!」「当てちゃえ!」と声をかけてくれます。歓喜と興奮を共有し、自然と縮まっていく保護者間の距離。いざ反撃の狼煙を上げんと意気込んだところで、無情にも試合終了を告げる笛の音が体育館に響きます。
「えー」
まだやりたいと駄々をこねる保護者と児童。
45分間、本気で取り組んだドッジボールの感想は「超楽しい」でした。

子どもの学校行事に参加するのは億劫ですが、ときに素敵な思い出を作ってくれたりします。

手前味噌のスゝメ

2020-03-19 12:47

こんにちは。
学校休校で子どもたちのメンタルケアと運動不足解決が課題だなぁ、と感じているP子です。

上の子(小6男子)は、規模を縮小しての卒業式が来週にありますが、今は毎日ゲーム三昧。
引きこもりモードになっているのでコロナ感染の不安はほぼありませんが、日に日にストレスがたまってきているな〜〜〜というのが伝わってきます。
彼は花粉症ということもあり、この時期、出なくて良いなら空気清浄機完備で症状の出ない家の中にいたいようで……運動不足も心配です。

下の子(小1女子)は学童保育に行くことができていて、生活リズムの乱れや運動不足の心配は少なめですが(学校の中の学童保育なので、校庭で遊べるのです)、学童保育は狭い空間にすし詰めなので、感染リスクはあるよな〜と。
加えて、やっぱり普通の学校がない・会える友だちが学童っ子だけなので、たまに泣いています。
3つの習いごとが全部休講になってしまったこともあり、やはりストレスもたまっています。

ストレス、免疫力を下げますよね。。。
逆に、免疫力をあげるのには腸活・菌活が大事!!
人間の身体の免疫力の7割は腸が担っているとされています。
ということで、手前味噌のスゝメです。

手間味噌=自家製の手作り味噌。それを「美味しくできたから食べてみて〜」などと周囲に勧めることから転じて「自画自賛」「身内を褒める」などの意味に。

普段なら、パパと手分けして子どもたちの習い事の送迎をしたり、PTAの仕事をしたりで終わってしまう土曜日。
でも今は、幸か不幸か週末はポッカリと自由な時間があります。
なので、先週末は家族で味噌の仕込みをしました。
例年は三連休を使わないとできないことだったので、ちょっとラッキー。

そこで、味噌の仕込み方をご紹介します。
明日からせっかくの三連休なのにノープランという皆さま、
食育にもなり、家族のコミュニケーションにもなり、ストレス解消にもなり、夏頃には絶品の手前味噌が食べられますので、本当にオススメですよ〜。

味噌の仕込み方

1)まずは大豆を水洗いし、たっぷりの水で12時間以上吸水させます。
 できれば水を換えながら24時間程度。

最初は球体だった大豆が、吸水させると豆型になるのがいっつも不思議!

2)大豆を、親指と人差し指でつまんで潰せるくらいの固さになるまで煮ます。
 沸騰するまでは強火で、沸騰したら弱火でコトコト。
 通常の鍋だと8時間くらいかかります。時短するなら圧力鍋がオススメ。

アク抜きと差し水をこまめに。

煮上がった大豆。見た目、色の薄い納豆です(笑)。

3)大豆をひたすらつぶします。昔の人はすり鉢でつぶしていたようですが、ポテトサラダを作るときに使うマッシャーがあると楽です。

娘がつぶしてくれています。

4)塩と麹を混ぜます。

5)上の4とつぶした大豆を混ぜ、おにぎりを作る要領でボール状にします。

6)上の5を繰り返して仕込み容器に隙間なく入れ、全体を押し込んで空気を抜き、最後に表面に塩(分量外)をふります。

7)上の6の表面にラップを敷き、重石を載せて密閉します。

8)4か月〜半年後から食べられます。

いかがでしょう? 思ったより簡単☆ではないですか?
P子の家では、6年前に知人に勧められてやってみて以来、自家製味噌のあまりの美味しさにハマり、毎年時間を捻出しては1〜3月のどこかで味噌づくりをしています。
材料の大豆、麹、塩にもこだわることができるので、今年は奮発して有機国産の大豆と麹、天然海塩を使ってみました。それでも、同じ条件の市販のお味噌を同量購入するよりも圧倒的に安上がりです。
さらに、味噌を丸めるときに自分たちの手でやることで常在菌がつき、その家族に一番ぴったりの味になるのだとか。

材料の大豆、麹、塩の分量は、ネットで検索するとすぐに出てきますが、
P子はいつもここを参考にしています。

皆さまも是非、お試しください!

それにしても……普通の日常って、とっても幸せだったんだなぁと思う今日この頃。
来年の冬には「今度の三連休を逃すと味噌が仕込めない〜〜!!」なんて悲鳴を上げていられますようにと、切に願います。

小学校休校、どうすごす?

2020-03-16 09:31

こんにちは。4年生女子の母・花まるです。

小学校が休校になって早くも半月あまり。
塾も休講になり、私の子どもも実質どこにも行けなくなってしまいました。

学校やクラスにもよりますが、わが子のクラスでは、出された宿題も1日分。

休校の初めのころは、「どう過ごすか?」がうまく決められなくて、
とりあえず午前中は塾の勉強をしてもらうことにしました。

本当はクラス分けテストでバタバタしていたはずの1週間も
急にのんびりモード。

親(パパの会社と交互にリモートワークにしています)はリモートワーク中なので、
子どもはやりっぱなし(後で確認します)でどんどん課題を進める。

……といけばよいが、そうはいかない。

わからないものを調べて勉強するという習慣がついていない娘は
空想の世界へ……。

1時間以上の課題はやらせてもはかどらない。
1時間に1回の休憩。

そして、1週間たった頃から、やっとペースがつかめてきました。

午前中の時間割は、たっぷり時間がないとできないことを中心にやってみる。

勉強1時間 
ピアノ1時間 
買い物&お昼ご飯づくり1時間

お昼ご飯はお任せで、自分でレシピを見ながら作るということで、これは親子ともになかなかWINWIN。
午後は、まだ定まりません。時には短時間だけ公園へ出かけたり……。

私も1日おきにリモートワークを活用させてもらい、なんとか仕事をしつつこの事態を見守っています。

しかし、休校2週目に入った頃から、出勤時間にウォーキングをする親子、走る男子、犬の散歩をする小学生、などを見かけるようになりました。
なんとなくみんなそれぞれで生活のペースをつかみ、できるだけ良い環境を求めて模索している感じがします。

エデュナビでは随時、自宅で学べるオンラインサービス等を紹介しています。まだまだ続くようだったら
このようなサービスを利用してみるのもよいかもしれません。
詳しくはこちら

しかし、やはり早く元の生活に戻るのが一番。
早くこの事態が収束しますように!

お昼休みにマスクを手作り!

2020-03-11 10:15

はじめまして! のち と申します。
中3の息子の母です。
高校受験がひと段落したと思ったら、コロナ休校になってしまい、息子は家でごろごろ。
散らかり放題の家の掃除と、昼ご飯作りが日々のタスクに加わり、毎日バタバタしています。

「手作りマスクで新型コロナ肺炎をぶっとばせ! ランチ講習会」に参加しました

新型コロナウイルス、怖いですね!
花粉症でもマスクはつけたくないくらいマスクは苦手な私ですが、流石にちゃんとつけています。
ちなみに、その昔、新型インフルエンザが流行った時に買って、そのままになっていたマスクをチマチマと使っていたのですが、家族で使っていたら流石になくなります。でも、まだまだマスクは品薄ですよね……。

ということで! 先日会社で行われた手作りマスク講習会に参加しました。

社内にこんな部活もあるインターエデュです。

久しぶりのお裁縫は……?

最近は、子どもが学校に持っていく雑巾ですらコンビニで買える便利な時代。
なんで、裁縫自体、久しぶりです。

型紙と作り方。洋裁が趣味のエデュママ社員が、いくつかの型紙を参考に初心者向けにアレンジして作ったそうです。

講習会の様子。みんな和気藹々です。

結果的には、雑な並縫いだけで、マスク、できました!!

裁縫久しぶりでもできました!

ちゃんと型紙を使う立体マスクと、長さ90センチ位の布を2つに切って折って縫うだけの厚手マスクを習いましたが、どちらも不器用でも何とかなるし、家に余っている布と、100均で売っているゴムだけでできちゃいます。
時間も30分位? でできるかと。

今回挑戦したマスクの作り方については、
近日中に弊社サイトエデュナビでも公開されるようです。

3/13追記:記事が公開されました! ぜひご覧ください。

並縫いだけでできてしまうので、家で親子で作っても楽しいかもです。
マスクが嫌い! というお子さんでも、好きなキャラクターの布で自分で作ってみたら、喜んで着けてくれるのではないでしょうか。
それから、保育園などで、みんな似たような白いマスクを着けていると、他の子のものと間違えて着けてしまい、それが風邪などに感染する原因になってしまう……という話も聞いたことがあります。
手作りマスクなら、柄が違うので、他の子のマスクと間違える心配はご無用!
そういった意味でもお勧めできると思います。

1 / 212