2019年11月

もうすぐ……クリスマス??

2019-11-27 11:08

急に寒くなりましたね。
こんにちは、P子です。

さて、エデュの最寄駅は京王新線の初台駅。
初台駅の東京オペラシティは季節に応じたイベントなどもやっていてなかなか楽しめるのですが、
11月頭から巨大なクリスマスツリーの準備が始まっていました。

スマホの記録によると11月6日の写真らしいです。

取材に出かける途中にこのツリーの設営を目撃した時には、
ハロウィンが終わったかと思ったらもうクリスマス?! という感じでしたが、
まだ11月とはいえ、今となってはクリスマスに違和感ゼロですね。

翌11月7日の仕事帰りのツリー。

1週間後のツリー。ほぼ同じ時刻に撮ったのに、ずいぶん日が短くなりました。

さて、クリスマスといえば、以前は彼氏や恋人や旦那さまと過ごす日、でしたが、
子どもが生まれてからはこの日の位置付けは180度以上様変わりしました。

クリスマスのミッション
子どもを喜ばせ、かつ、当日は早く寝かせる(←ここ重要!!)

程よく興奮させ、疲れさせるべく、カラオケボックスのお座敷になっている部屋を使って保育園のママ友と盛大なクリスマスパーティを企画したり、
(トナカイやサンタにコスプレして100均のプレゼントを配っている写真もありますが、P子を見る同僚の目が冷たくなったら嫌なので自粛)
子どもたちが喜ぶようなプレゼントを用意したり。
(ちなみにP子の息子小6は最初からサンタ=親 と悟っていましたが、娘小1は5歳までサンタさんを信じていたので、そのあたりも大変でした)

「師走」ですよ?
偉くて物事に動じない立派な先生もバタバタ駆け回っちゃうくらい忙しいこの12月に、
凡人でしかないP子がこんなミッションまで抱えたら、ますますバタバタするに決まっています。
というわけで、12月に気持ちが浮き立つのは、キラキラしたイルミネーションに心が踊るからだけでなく、TO DOの多さに心がざわめいているのもあるのではないかと。

さて、そんな12月を迎える前に、P子は今年のクリスマスのミッションの1つを早くも終えました。娘へのクリスマスプレゼント、もう彼女の手元に行き渡ったのです(早すぎ)。

ふらりと入ったコンビニで見かけた「一番くじ」、なんと娘の好きな某キャラクター(●みっ●ぐ●し)のものでした。
お値段は、「一番くじ」としてはお高めの700円。
「ママ、これやりたい!」
「お小遣いで買えば〜?(あえて限りなく冷たく)」
「今日お財布持ってきてない!」
「じゃあ諦めるしかないよね?」
「でも……」
私が必要なものを買ってきて会計を済ませるまで、ず〜〜〜〜〜〜〜っとレジ横で佇んで粘る娘。
「どうしたの?」と声をかけてきた知らないお姉さんに「これが欲しいけどママがダメって言うから見てるの」なんて要らん報告をしたりしています。
会計を済ませ、店を出ようとすると……娘の足から根っこが生えているようです。

はぁ……。
「○○ちゃん、こういうのって、ワガママって言うよね? しかも、これくじ引きだから、要らないのが出てきちゃったらどうするの?」
「でも……じゃあ、これ、クリスマスプレゼントでいいからっ!!!!」
え?
「こんなコンビニで買えるクリスマスプレゼントでいいの? 本気??」
「うん! ○○はそれくらい、す●っこが大好きなんだよ!」

悩みましたが、そんなに欲しいのなら、と折れてやることにしました。
700円ぽっきりのクリスマスプレゼント。
彼女の7年間の人生でもらったプレゼントの中でも最安値です。
値段ではないとはいえ、罪悪感を持っちゃうくらいのお手軽さです。
♪愛は〜コンビニでも買えるけれど、もう少し探そうよ〜♪ こんなスピッツの曲が頭を巡ります。

しかも、これでくじの結果が一番下のランクだったらどうしよう……。
まあ、だとしても「自分で決めたことの結果には責任を持つ」ってことを学ばせる良い機会だ。

ドキドキしながら引いた一番くじは、D賞の小さなキーホルダー。
なんとも微妙です。
ああ、泣かれる……。

ところが、予想に反して娘はニッコリ。
こちらが申し訳なくなるくらい「ママありがとう」「ママ大好き」と繰り返し、
「早く開けたいから急いでお家に帰ろう?」とスキップでも始めそうな勢いです。
「ランドセルに付けられるね! ○○ちゃんにも見せてあげなきゃ〜!」

そっか。
学校や学童でお友だちと過ごすのが楽しくて、好きなアニメ、キャラクターグッズの話をするのが三度の飯より好きな娘。
「自慢しないで!」系の小競り合いの種になる恐れも少々ありますが、新しいキャラクターグッズは彼女にとってお友だちとのコミュニケーションの大きなネタだったのです。だから、豪華さや値段ではなかったんだね。

家に帰るなり、パパと兄に「○○ね〜、もうクリスマスプレゼントもらったよ〜!」と大きな声で報告する娘。
ことの顛末を話すと、「アホやな〜」「もっと良いもの買って貰えば良いのに」と、私と全く同じ反応をする男2人。
娘はムキになって●みっ●ぐ●しの素晴らしさを熱弁しますが、伝わりません。
そんなやり取りを見ながら、パパから娘へのプレゼントは豪華なものになることを願いつつ、兄と価格のバランスをとって、気が向いたら何か娘の喜ぶことをしてあげよっかな〜? などと考える母なのでした。

つい子どもに言ってしまう「早くして!」

2019-11-22 09:40

最近、体調を崩すと回復が遅く、肩こり&腰痛がひどくなったので整体に通い始めた緑茶です。
体力有り余る男子二人の体当たりに耐えるためにもね。

今回は、つい子どもに言ってしまう言葉についてつらつらと。

働くママは常に時間との闘い。わが家の場合、寒くなってくるとますます時間がかかります。
息子たちは朝なかなか起きられず、着るものが増えてモタモタ。
電動アシスト付き自転車の前と後ろに乗せての登園なので、「寒い!」だの、「ひざが出てる!」だの文句を言う息子たちをなだめたり毛布をかけたり……と、それだけで数分のロス。
「早くして!」はほぼ毎日、「ママ行っちゃうよ!」「もう置いていくよ!」も、つい言ってしまいます。

このフレーズ、育児書や専門家の話によると、使わない方がいい部類の言葉とされていますよね。

たとえば、
「『早くして!』と言わないように、時間的な余裕をもって子どものペースに合わせて準備をしましょう。」
「『ママ行っちゃうよ!置いていっちゃうよ』と言っても絶対置いていかないわけだから、それは脅迫する子育てなんです。」
こんな説明をよく見聞きします。

うう…本当に耳が痛い。
言わないでいいのなら言いたくない。
でも、気持ちの余裕も時間の余裕も全くないんだと叫びたい!
パートナーと連携してうまく役割分担できるとまた違うのでしょうが、ワンオペのわが家はなんとかして子どもたちを動かさないと、遅刻はするし、夜も早く寝られないし、毎日が回っていかないんです……。
保育園のママ友もやはり「早く~」と言っているので、働くママたちはここに大きな葛藤を抱えているのかなと思ったりもします。

シールがお目当てで増えるふりかけ。二人分だからさらに増える。。

ひたすら折りまくった手裏剣。たくさんあることが大事な男子たち

でもそれは、働くママだけの葛藤ではなく保育士さんも抱えている葛藤なんだということを、保育士さん向けの本で知りました。一人ひとりのペースを尊重することが保育の前提ではあるものの、保育士不足の影響もあって、“うまく誘導できる”保育士さんがスキルがあって優れていると評価されるとのことです。

保育士さんの場合は、「早くして」とか「置いていくよ」という言葉は決して使わずに「うまく誘導できるかどうか」なので葛藤のレベルも違うのかもしれませんが、とても考えさせられたので本の内容をご紹介したいと思います。

その本には「保育力」と「保育士力」の違いについて書かれていました。
「保育力」とは、見守り、子どもの意志を尊重し、自発的に行動できるように育てること。
「保育士力」とは、子どもの気をうまくそらし、誘導して、時間内に終わらせること。
といったような内容です。

なるほど。
当然といえば当然ですが、これは子育てにもあてはまること。確かに子育てには両方の力が必要ですよね。
わかってはいるんです。
本も繰り返し読みました。
でも、、、今朝も「もうママ先に行っちゃうよ!!」と言ってしまう自分がいる。。

……そういう状況ではあるけれども、この葛藤や悩みも保育園の送り迎えをするあと数年のこと。
親としての成長と子どもの成長とどちらが早いか。
後者なのかな……?
親修行をもっと頑張らなければ!

小学生、いざこざ

2019-11-20 14:49

こんにちは。花まるです。

さて、最近、ちょっとしたいざこざがありました。
今回はたまたま気が付きましたが、こういうことはよくあるのか……。

娘がお友達の悪口を、言った、言わないという話をめぐり、
学校の帰り道に友達に囲まれ「謝れ!」と言われる事態に。

何気なく悪口を言ったことについて、
本人に伝えた子、取り巻き、本人の3人に囲まれ、寄ってたかって責められたため、娘は本当にびっくりしたそうです。

もちろん、悪口を言った娘が悪いのだろうとは思いますが……。

結局、通りかかった近所の大人が助けて、教えてくれたため
私も知ることができました。
お友達ともその後、落ち着いて話をし、無事仲直りをしました。

仲が良いから出たちょっとした言葉、
今回は「○○ちゃん、ドジだよね」だったのですが、
そもそもこれって悪口なのか??

実は別の理由があって「謝って」という事態になったのではないか……とも勘繰ってしまいます。
また、「悪口」を本人に伝えた子の意図は何だったのでしょう?

ただ、帰り道に突然別れ際に3人で取り囲むという行動には「いじめ」の予兆にも思え、
正直怖いと思いました。

内容と理由が……。
「謝って!」と何度も言われた、という点には思わず笑ってしまったのですが、子どもたち同士は深刻な顔をしていました。

いったんは落ち着いたものの、ちょうど大人と子どもの間のアンバランスな思春期にさしかかったのかな? とも思いました。

本来は子どもたち同士で解決すべきこと、としたいことも
大人が介入する必要があるタイミングなのかもしれません。

空気の読めない娘。空気を読んで引くときは引く。
大人になれば、相手を理解し多少、言ってよいタイミングとダメなタイミングに気づくことができるようになるのかな……?

こればかりは教えられない、自分で体験して学ぶことなので、見守りたいと思います。

信じよう 子どもの目

2019-11-13 10:51

傾けよう 耳

2019年度 つくね家育児マナー標語 努力賞

こんにちは、小ゴジラこと2歳息子の母つくねです。
前回書いたときはまだ1歳だった息子。いつの間にか2歳になりました。
声はますます大きくなり、体の動きもダイナミックに、そして興味関心もどんどん男の子らしくなってきました。

最近はもっぱら車! のりもの!
大好きですねー。

ミニカーはもちろん、のりものの本にも夢中夢中!
紙面いっぱいに並んだ乗り物の写真を指差して
「きーきーしゃ!(救急車)」「かじ!(消防車)」「ぜっとぅ!(フェアレディーZ)」「コプチャ!(ヘリコプター)」
と、とーっっても元気な声で教えてくれます。

 

そんな息子お気に入りの雑誌から一枚。

これ。
パトカーです。

この写真を見て息子がなんと言うかというと

 

「きーきーしゃ!(救急車)」

 

んんん~? 息子ちゃん、これはパト・・・

 

ん? あれ?

な! 救急車! いる!!

救急車好きすぎるだろう! と笑いつつも、観察眼の鋭さ(というのか?)にとっても感心しました。
子どもの目ってすごいな、と。
大人の目ってあてにならないな、と(笑)。

なので息子の言うことは基本否定しないことにしています。
何も見えないし聞こえない(ように感じる)雲ひとつない青空を指差して、
「コプチャ! コプチャ!」
と言うときは少し待ってみます。
すると数秒後にちゃんと、ヘリコプターが姿を現すのです。
息子には微かな「ぶーん」という音がちゃんと聞こえているんですね。

独自の分析ですが、いろんな知識を蓄え経験を経て、感覚が経年劣化している大人は、目や耳から入る情報にバイアスがかかっているのかなーなんて。
まだ2年しか使っていない視覚聴覚の精度といったらすごいものです。

以前、某テレビ番組の某モ〇タ〇ングでやっていた「食品サンプルの中に一つだけある本物を当てよう」という一般人向け企画を見たときにも同じようなことを思いました。
子どもが「A! ぜったいにA!」というのに対し、
「えー? ママは違うと思うなー。C!」と母親。
結果は不正解。
正解は、Aでした。

 

子どもの言うことを、大人が「違う」と頭ごなしに否定してしまうと、「本当なのに・・・」と、地味にトラウマとして残りそうな気もします。
すっごい些細なことなのに大人になってもずっとトゲのように抜けない記憶ってありませんか?

「大人が正しい」という感覚を無意識に持ってしまいがちですが、自分の物差しで測らずに、大人の発想にはない予想外の子どもの言動をたくさん楽しんでいきたいと思う今日この頃です。

大切な3時間

2019-11-08 15:53

こんにちは。友近です。
鬼編集長にブログ更新をせかされたものの(軽い鬼レベルですのでご安心を)、特にネタもなく、ゆる〜い内容にて失礼いたします。

友近、再び働き始めて半年が経ちます。チビ子の感染症洗礼も落ち着き、「最近は保育園呼び出しが少なくなりましたねー」と、超絶理解ある上司に言われた今日この頃です。
ふと振り返ると、それなりに大変ではありましたが、刺激的な毎日です。帰宅後に旦那と話す内容も、「あの芸能人が誰と付き合っている」のようなワイドショー的な内容から「先端教育について」に変わり、家族3人で酌み交わすノンアルコールビールも味わい深くなりました。
さて、今回は帰宅直後から寝るまでの怒涛の3時間の記録をお届けいたします。(←個人的にやれよ! の声が……笑)


19時 帰宅
脱いだ靴を揃え、その中に靴下を丁寧に入れる。(保育園様さま)「おうち、ちゅいたら、手ってあーらーうー。」の宣言は何処へ?? メルちゃんに帰宅の挨拶へ向かう。
私「ママ、手って洗っていー子ねー」と、自分の頭を撫でながら、チラ見するが、無視。
「あっ!見て!大変!これ何ーんだ?」の意味不明な演技に引き寄せられて、ようやく洗面台へ来るちび子。
踏み台へ乗せて、ゴーシゴシ♪の歌を2人で歌う。
仕事の服から着替える間は、ストッキングが気持ちよいのか、お尻を撫でまわして笑顔である。

19:10 夕ご飯準備
週末に食材は切って袋に入れてあるので、炒めたり煮たりするだけ。極力まな板を洗いたくないので、手で野菜をちぎるという荒業。(ズボラ具合がバレましたね……恥)
昨夜はトイ○ラスで買った、段ボールのくまさんハウスでメルちゃんやらアンパンマン達を連れてごそごそ動いているのを横目に、豚汁(全ての栄養とれるので、ヘビロテ)に火をつけて、煮物をチンして、キャベツ、人参、生姜、きのこの入った袋をフライパンに投入。お肉も投入。蓋して蒸し焼き! なんちゃって生姜焼きの完成。
が、その時! くまちゃんハウスから声が! 「ママ〜、う○ち出た〜」(何故今? 何故ここで? は、あるあるですよね)

19:30 2人で夜ご飯
椅子に座ったチビ子は「とりあえず枝豆」を鞘から器用に取り出して食べ始め、場をつないでいる。まるでサラリーマンのようである。少し冷ましておいた豚汁やおかずを並べ、ノンアルコールビールと牛乳で「パンカーイ!」を3度強要。(早く飲ませてくれ。)食事は楽しいものであってほしいので、保育園ノートを見ながら、「今日は公園で砂遊びしたのね」とか、「今日はお昼寝たくさんしたのね、かっこいー!」など、褒めたり楽しい話題であったりするようにしている。
最近は何でも「じぶんでやーるーのー」なので、スプーンに大好きなキノコを手で乗せて食べ始め、嫌いなお肉はテーブルに並べられる。私、その肉も食す。(だから痩せないのか、合点!)
ちなみに、垂れた汁などは丁寧に手で伸ばして無かったことにしてくれる。その手を拭くこと十数回。すぐにテーブルは「万能お尻拭きの山」と化す。

20:00 食後
「ママ、メルちゃんで遊びましょっかぁ」(来たぞ! 無限メルちゃんごっこのお誘い。)
ママはお洗濯たたんでいるから、と濁す。
すかさず、「あーそんでー!」と嘘泣き始めるぞという顔で迫ってくる。
仕方なく裏声でメルちゃん役を演じ切る。
最近のちび子は風邪気味の演技にハマっているようで、何度も腕に注射されるメルちゃん。
いつも移動は髪の毛鷲掴みにされるメルちゃん。
どんな時も洋服脱がされているメルちゃん。
心からありがとうと言いたい。
この時間くらいがちび子とゆったりと向き合える時間なので、極力スキンシップを心がけ、一緒に遊んで笑い合う。

20:30 お風呂
バスボムの中身が見えるまでのわずかな時間に自分の頭を洗う。
モンスターズインクの緑の目玉のようなキャラクターばかりが出て、ちび子も「めだま、でたー!」と、「人生は思うようには行かない」ということを学ぶ。

パパ帰宅。
浴室の扉越しに、今晩のおかずを確認する声が聞こえてくる。
温めて食べているようだ。
体を拭き終えて走り出すちび子をパパが追いかけ、オムツ装着。
「ジャパマくーだーしゃい」と、お気に入りの消防車のパジャマを選んでくる。
女子力高めであるのか、お洋服には拘りが強い。肌寒くなってもアンパンマンの半袖パジャマは根強い人気のようである。

21:30 最後の難所 歯磨き「ハーミー」
食後ソファーで寛ぐパパを横目に、私は寝る準備を始める。
歯磨き、ドライヤー、明日の保育園用意、オムツに名前書き。
すると、パパがいそいそと皿を洗い出す(皿洗いはパパ担当です)。
そこそこ育メンのパパであるが、ちび子の歯磨きだけはやりたくないよう。
どんなに忙しく私が動いていても、ハーミーさせないでテレビを見ている日には正直イライラ。
この時間帯は、より効率良く時短で仕事をこなし、ちび子に早く寝床についてもらうのが目的なので、部屋の一往復だけでマルチタスクをこなす。
最後のパワーを使って歯磨きハーミーの始まり。
歯磨きを隠しながらちび子に近寄り、逃げ暴れる手を足で押さえて、お口をあーん。
電動歯ブラシの如く、素早く、しかし丁寧に磨きあげる。
先日、息を止めて集中している自分に気付き、少し笑けてきたりして。

22:00 おやすみなさい
世間ではもっと早めに寝かせているだろう。
色々なご意見があると思うけれど、全てのバランスを取った結果であって、それはそれで良しとすることにしている。
ベッドに入って、ひそひそ小声で「今日さ〜、保育園でリトミックしたのー?」小声で「うん。」と答えるチビ子。「楽しかったー?」「うん、○ちゃんと、●ちゃんと、したのー。」
いっぱいハグして、チューして、嫌がられて、の繰り返しをして寝たふりをしていると、チビ子もすやすや眠りに。
幼子の寝顔を見ながら、皆さんは毎晩何を思うだろうか?
「感情のまま怒ってごめんね」
「早くお迎え行けなくてごめんね」
「今日も幸せだなあ」
「世界で一番大好きだよ。」
沢山の言葉をチビ子に投げかけ、「愛おしいという気持ち」を再認識する瞬間。

「18歳で子育ては終わり!」としている我が家にとって、残された時間はあと16年。早い、早すぎる。もっとこの大変な愛おしい時間をじっくり味わいたいものである。


以上、どうでもよい内容で、失礼しました。