2019年07月

ステップファミリーという選択とDDと私

2019-07-24 16:12

こんにちは。4回目のエデュママブログはエデュナビ編集局の秀鈴が担当です。

私には息子が一人。幼いお子さんたちが多いエデュママメンバーの中ではかなり年上で大学4年生。もう「子ども」とは言えません。無精ひげが生え、毛深く、腹も出てすでにおっさんの部類です(見た目もおっさんぽい)。

そんな息子(男子大学生なのでDDとしておきます)ですが、苦戦続きの就職活動がようやく終わり、なんとか就職先も内定!17年に渡る子育てが終了しました!

・・・ん?
DDは大学4年の21歳(早生まれ)。
子育て17年。
計算が合わない・・・?

はい、私とDDの親子関係が始まったのは彼が4歳のとき。
私達は「ステップファミリー」なのです。

 

家族の形態はさまざま「ステップファミリー」

「ステップファミリー」という言葉は、最近になって使われることが多くなりましたが、まだあまり浸透しているとはいえず耳慣れない人も多いかと思います。成り立ちはさまざまですが、基本的には離婚もしくは死別によって配偶者と別れて子どもがいる人が、別の相手とともに新たな家族となった状態をいいます。

DDは夫と別れた奥さんである「生みのお母さん」とお母さんの実家で暮らしていましたが、事情があってうちで育てる事になりました。
当初私に気兼ねし引き取ることに躊躇していた夫でしたが、「この機会逃すと一生子どもと会えないかもしれないからとにかく連れてきなさい」という私の一言がきっかけとなり、4歳の夏、坊主頭の幼児だったDD(あの頃が懐かしい…)がやってきたのです。
それまで私とは面識があったこともあって、意外なほどすんなりと3人での生活が始まりました。

家族それぞれのビール

3人で内定祝い。ビールで乾杯する日が来るとは…

 

突然の「子育て」はとにかく本人に任せる

自分から招いたこととはいえ、いきなり4歳児を育てることになった私。
じゃあ何をしたのかというと、特に何もしませんでした。
もちろんご飯をつくったり、保育園の送り迎えなど生存に必要なことは当たり前のこととしてやってましたが、お母さんになろう、ならなきゃという気構えは一切持たず、できるだけ自然にDDと接することにしていました。

当時、私を「お姉ちゃん」と呼ぶDDを義母が見て、「お母さんと呼ばせないと」とも言われましたが、本人が呼びたいように呼ばせていました。

4歳ともなれば、自分がどうしてここに来たのかなんとなくでもわかっていますし、生みの母親の記憶もあります。ただでさえ、新しい環境の中にいる子に対して「私のことをお母さんといいなさい」とか、ただ混乱させるだけだと思ったからです。

ではそんな子に、どう接していたか。
一つにはまず観察。

これは私個人の見解ですが「子どもが何も言わなくてもその子が何をいいたいか、考えているかわかる」という血を分けた親子的テレパシーなことは、我々の関係ではいっさいあり得ない思ったので、この子はどんなことで反応するのか、できるだけ客観的に(←ここは結構意識して)行動生態を常に観察していたように思います。

さらに、会話。
とにかく話すこと。日常的なことでもテレビ番組、ゲーム、音楽など、他愛のないことでもいろいろ話してました。とはいえ、DDは口から生まれたんじゃないかくらいよくしゃべるので、最終的には「とにかく黙っててくれ」とこちらから言い出すほどでした。

おしゃべりは今も変わらず。とにかくなんでも聞いてきます。

「今日、雨降る?」(私は気象予報士ではない)
「いま何時?」(お前の腕には時計があるだろう)
「夕飯なに?」(考えとらん)
「来週の金曜日の夜と再来週は◯◯がある」(今から言われても忘れる)

いくつになっても変わらんなぁと思っていましたが、彼にとってのコミュニケーションのきっかけなのかもしれないと思うようになりました。

 

とりあえず休む場所は用意しといてやるからな

そんなDDですが、さらに紆余曲折あって今は私と二人暮らし。
内定した会社は大阪に本社機能があり、新人は本社勤務となるため来春には家を離れます。

子育て終了後に私ができることといえば、たまに帰ってくるかもしれないDDに休む場所を提供するくらいなもんです。出ていったあとの部屋はリビングに拡張することを虎視眈々と考えていますが、帰ってきたときに使う布団一式とパンツと靴下くらいは用意しておいてあげようと思っています。

その前に!
卒業単位をとってきちんと卒業!
就活で講義に出なかった分、これだけは確実に遂行してもらわないと困ります。

「今期は確実に2単位落とすから〜」とDD。

やめてくれ、不安要素は残すな!

選挙に行こう☆

2019-07-19 17:07

こんにちは。
3月にインターエデュに入社し、実に12年ぶりに正社員として働いております、編集セクションのママ社員、「P子」です。
小6の長男と小1の長女の子育てを楽しみながらも、日々奮闘中です。

なぜP子は12年ぶりの正社員……?かというと、HNの通りP(プー)子だったから……ではなく、現在小6の長男を妊娠したときに、当時勤めていた会社が立ち上げ2年目というタイミングだったこともあり、諸事情によって退職。その後フリーランスや派遣といった非正規雇用で細々と(?)食いつないできたからなのです(涙)。

エデュに入社してみて、同じような立場でわかりあえるママ社員の多さに癒され、子どもが急に体調を崩したり(しかも、忙しい時や、「え? 今日ですか(°□°)?」みたいなタイミングに限って……)、保育園や学校の用事があったりして、お休みや早退をいただいてしまう際にも皆さまに温かくご理解いただける職場環境に、日々、感謝、感涙しています。

さて、今は幸いなことに理解のある職場に恵まれ、子どもが2人とも小学生に上がったタイミング(に合わせて就活してました)ということもあり、同世代の働くママの中ではおかげさまで比較的安定した暮らしができるようになったP子ですが……。
日本って、女性が母になったり、ママが子育てしながら仕事を続けていtたりするには、とても厳しすぎる社会環境ですよね。

「保育園落ちた。日本死ね」なんていうTweetが世間を騒がせたのも記憶に新しいですが、妊娠中のマタハラから始まり、保育園の待機児童問題、保育士の待遇問題、育児に何かとお金がかかる問題、ママ友問題、PTA問題、「小1の壁」、4年生からは学童保育がほぼ使えない問題……などなど。自分が親になるまでは全く知らなかった問題に、次々と振り回されてきたこの12年間でした。
(そして、これからもきっと新たな悩みは尽きずに出てきます。)
欧州には出産して3年間は給与保障がされ安心して育児休暇が取れる(しかも学費は大学院まで無料!)という国もあるのに対し、とても残念な状況ですよね。

「子育てがこんなに大変とは……」
「子育てにこんなにお金がかかるとは……」
「世の中がこんなにママに厳しいとは……」
ママ友と集まると、大体毎回こんな話題になり、
「子育て支援なんて、全然足りないよね〜!」という結論に至ります。
子育てが大変な世の中→子どもがどんどん産めなくなる世の中→ますます少子高齢化→年金破綻……正直、ヤバいですよね(大汗)。

たとえ自分たちはどうにか寿命まで生き延びることができたとしても、今の子どもたちが大人になったときにはどんな社会になっているんだろう。
わが子を溺愛するP子は、息子と娘が、自分たちの努力ではどうにもできない部分で苦労して生きていくのを想像すらしたくありません。エデュの採用試験を受けた動機も、「未来の子どもたちへできること」という会社の姿勢に惹かれたからです。

ということで、前置きが長くなりました。
P子は、すべての子育て世代の人に「選挙に行こうよ!」と伝えたいのです。
日本の政治や社会の仕組みが変わったとき、その結果や影響がダイレクトにかぶさってくるのは、私たちはもちろん、私たちの大事な子どもたちなのです。

「若年層(なんとここに、P子も含む団塊ジュニア世代も含まれるらしい!)の投票率が1%下がるごとに、その層は一人当たり年間13万5000円の損害を受ける」という調査結果を東北大学が以前発表しました。
13万5000円があったら、ちょっとした家族旅行に行けちゃいますよ! 最新のスマホが買えますよ!

この時期、テレビをつけるとどうしても流れてくる選挙公報。1年生の娘に「ママ、どの人が良い人なの〜?」「どの人にトーヒョーするの〜?」と聞かれて、「いろんな考え方があるから、この人が絶対正しい!っていうのはないけどね……」などと説明しながら、この子どもたちが生きる未来を少しでも幸せなものにできるように……そう願わずにはいられないP子なのです。

たかが消しゴム、されど消しゴム

2019-07-09 15:50

こんにちは。働くママのブログ2回目は、エデュナビ編集局の「緑茶」がお届けします。
緑茶は、5歳と3歳の男子の母。常に家の中は大荒れ、週末は1日に3、4回掃除機かけることも。先日は枕の中のパイプをぶちまけられ、「わーいプールだー!」とはしゃぐ男子二人に苦笑するしかありませんでした。。

そんな男子あるあるを楽しくお伝えしたいと思います。 

昨日のこと。保育園からの帰りに「消しゴムが折れたから変えて」と長男。実は保育園で使い始めた当日に折れ、長男から「変えて」と言われること4、5回。でも、まだ使えるだろうとスルー。(…いや、単に私が忘れていただけですが。)これだけ言うのだから、本人にとっては切実なのだろうと思い、帰宅後に買い置きの消しゴムを探しました。

本体とカバーに名前を書いて準備していたところ、それを見た長男が「ちがう!!   同じのを買うか名前を消すか、どっちかにして!」とギャン泣き。理由を聞くと「英語が見えないとだめ!  かっこよくない!!」と長男。そこなのか!?   男子あるあるのこだわりというのは、いつも思いかけずにやってきます。加えて長男は完璧主義なのか、緑茶の妥協を許してはくれません。買うか消すかしないとお風呂にも入らず、寝る時間がますます遅くなる。はてどうするか……。

近くのコンビニで買ってくればすぐに解決。でも、子どもが何か気に入らないことを買うことで満足させるのはよくないぁと、緑茶は思いました。そこで、文字の上に書いた名前をカッターで削ってみました。


名前を削ったあと


汚いとダメ出し、NGに


完成形!

最終的には削ったあとを修正ペンで塗りつぶし、その上に文字を書き、側面に名前を書いてようやくOKをもらいました。そのあとお風呂には入ってくれましたが、もう一つの関門が。寝る前の絵本読みです。毎度のことですが、1冊じゃだめだと言って昨晩もせがまれました。半分眠りながらしどろもどろに読む緑茶に、長男は「ママ寝ないで!」と顔を上げさせる拷問を。こうしてへとへとになりながらなんとか眠りにつく毎日です。

今しかできない楽しいことだと思える日もあれば、疲れて声を荒げてしまう日もある。子育てというのは、迷いながら反省しながら、親としての経験値を積んでいくものなのでしょうね。

原動力は気持ちから!エデュママブログスタート

2019-07-05 12:56

こんにちは。エデュナビ編集局の花まるです。

私がエデュに入社して約1年が過ぎ、その間にインターエデュではママ社員が急激に増加。
お子さんの年齢も1歳~大学生までと幅広い。

お昼休みに話題になっている子育ての話や仕事との両立は記事にしたら面白いこと、共感できることが多いのではないかなーという話から、有志メンバーでブログをスタートすることになりました。

早速ですが、1番バッター私、花まるは小学校4年生の娘のママです。

中学受験に向けて塾通いをスタートしちょうど1年。
受験勉強、習い事、学校、そしてたまにママの息抜きなどをつづっていきたいと思います。

今日はタイムリーなので学校の話。
明日、7月6日は娘まる子の担任の先生(女性)のお誕生日。
母の私が知っているくらいなので、娘の日常では最も大きなイベントなのでしょう。

話をきいてみると、クラスみんなが一丸となって、先生の誕生日会を
企画しているそうです。

小学校の先生にあまり良い思い出がない私はちょっとびっくりしたと同時に
何だかとってもうれしく、先生がうらやましくも感じました。

休み時間に皆で折り紙を使い飾りづくり。くす玉、王冠、ケーキ、クラッカーなど
個人ではお手紙も書いたりしているよう。

あぁ。見に行きたい。

■おもて

ちょっと雑で、適当ですが・・・

■うら

気持ちはとっても伝わります→「なぞって」に注目(笑)

※一応本人より許可をもらいました

中の手紙もなかなか面白い内容だったのですが、本人よりこれは見せられないと
口止めがあったので外側だけ。

当日のシナリオもしっかり、みんなできめているようで
7月5日、前日の朝の会をジャックするそうです(笑)

今晩、結果を聞くのが今から楽しみ。

「計画」→「準備」→「実施」

子どもだけで話し合い、協力、役割分担して何かを創る、表現できるようになったことは
頼もしく、大きな成長を感じました。

また、その原動力は
やはり「気持ち」
だと思います。

私 「先生のどんなところが好き?」
娘 「面白いところ、遊んでくれるところ、…あと…かわいいところかなぁ」

※確かに先生は若くてかわいいです。

先日、ちょうど保護者会があり驚いたことがありました。
教室の中にクラス全員の写真がいくつも飾ってあったのです。

写真にテーマもあり「平成最後の日」「令和最初の日」「遠足」・・・
写真の中の子どもたちはみんなとっても楽しそう。

先生の普段の関わり方が
子どもの「先生を喜ばせたい!」という気持ちにつながっているのでしょう。

誰かを喜ばせたいという気持ちや人と協力することを
学ばせてくれている先生に感謝です。

まだ3カ月。残りの4年☆組が楽しみです。